WAZ

2016年04月15日

結局すべて含めて内田篤人なんだな…と


WAZでウシーさんの記事が。
痛たみについての事や、色々心配になるような事も書いてありますが、結局日本に帰国する前の状態しか分りません。
新しく分った事といえば、来季の開幕に照準を合わせている事でしょうか。




大切なことは、今ウシーさんがどういう状況にあるかという事です。
1~10までの痛みで全体練習に参加した後が10だったとしても、今現在どのくらいの痛さになっているのかの方が重要です。


クラブとの関係も、まずはウシーさんが復帰することの方が重要です。
アンドレさんが来季の構想にウシーさんを入れてないとしても、全く気にしな~い。
だって、ハイデルさんの構想にアンドレさんが入っていない可能性の方が高いじゃないですか。



シャルケからしたらドイツ代表医が勧める保存療法を蹴って手術を選択したことや、W杯前の怪我にしても色々ありましたしね。
W杯前に手術を選択せず、W杯に無理して出場した事が原因で膝蓋腱炎になった事も、ウシーさんの判断した結果です。
W杯メンバーを「一緒に死ねる23人」とウシーさんが言っているのは、選手生命を掛けてW杯に挑んでいたからでしょう。



試合前から武者震いして涙していた事がシャルケの試合でありましたか?
それくらい特別な気持ちで臨んでいたんだと思います。







ウシーさんファンの知人()と、この事について話したのですが、その知人は武藤選手のドイツでのリハビリについてのインタビューを読んで、ドイツのリハビリの進め方は日本人にはあっていないのではないか?と思ったそうです。
ウシーさんも日本で手術したんだし、手術を反対していたシャルケでリハビリするよりも、執刀医の下でリハビリした方が安心ですよね。
そして、その知人はこんな事も言っていました。
「プロの選手は試合に出たいのは当たり前だし、だから無理する気持ちも分る。礼儀正しいとか多少無理しても我慢するのが内田の良さなのかもしれないけど、それが邪魔をしている時があるよね。これを美徳とする風潮もどうなのかと思う。周りに止める人はいないのか?」

確かにおっしゃる通りです。


ロバも、「あそこで無理しなければ」とか「なんでそんなに痛みを我慢してたの」とヤキモキした気持ちにもなりましたが、それを全部含めてウシーさんだし、自分の意志で判断しているんだったら、外野がどうこう言うものでもないよな……と思います。

今の状態が一番辛いのはウシーさんです。






とりあえず今は、待つしかないのかな。











人気ブログランキングへ




このブログ内でのオリジナル画像及び文章の無断での転載・盗用は一切禁止です。


続けておススメの記事
一年前を振り返って思う事
ウシーさんの神秘(精神編



sirokuma1420 at 14:19|Permalink