JFA

2015年06月19日

シャルケに日本人は…


最近また長友選手のシャルケへの噂がニュースになってます…
ドイツではそんなに騒がれていないのに、イタリアのメディアがニュースにしてますね。

また当て馬なのかな…

長友さんがシャルケに来たら、シャルカーから愛されると思うのですが…JFAとシャルケ(ヘルトさん)の確執が無くならない限り、代表クラスの日本人を獲ることは無いと思います。
レンタルとかでない限りは移籍金もそれなりに高いでしょうし。カイサラさんが白紙になったら払える金額なのかもしれませんが、よりによって日本代表の選手をわざわざ獲らないかな。



でも何で日本のメディアは何度も何度もニュースに取り上げるのでしょうね?
インテルも長友さん放出を考えているのでしょうが(売り込み中なのかな?)、ドイツではまだ報道されてないですよね?
ドイツでニュースになってから踊ればいいかな…

それよりも、カイサラさんまだ決まらないの?
だんだん不安になってきた。


人気ブログランキングへ

このブログ内でのオリジナル画像及び文章の無断での転載・盗用は一切禁止です。

続けておススメの記事






sirokuma1420 at 20:03|Permalink

2015年05月21日

ウシーさんの今後の予定は?


最終節を今度の土曜日に迎え、選手達はオフになる予定ですが、もしかしたら…結果次第ではヘルトさんが緊急合宿の時に言っていた追加合宿が一週間あるかもしれないですね。(選手達もこれだけは避けたいはず…)
もしあったとしても、ウシーさんが参加する可能性は低いと思いますが。


シャルケ側は公式には膝蓋腱炎の治療法についてはあまりふれていません。
放射線治療の情報もkickerのミュラーさんの記事からわかった事でした。
内田全休、手術せず回復を目指す
放射線治療はこの時点で受けていたのか、まだ受けていないのかはメディアや訳によって微妙に違っていて、実際どうなのかはよくわかりません。
放射線治療がミュンヘンの医師の下で経過観察しながら行われるのなら、ドイツにもう少しいるのかもしれません。


もしかしたら、ウシーさんとは関係ないかもしれませんが、二本柳さんがデュッセルドルフに来ているようですね。
この前、結婚一周年を迎えたあの方とまた一緒にお仕事するのでしょうか!?
この二人の行動に今後注目です!!


こちらのウシーさんのイベントは6月18日とありますので、ここまでには帰国しているとは思います。
でも(都合により日程が変更することもあります)とあるので、確定とは言えませんね。

そして、今回はウシーさんと全く関係ないと思いますが(強調)W杯の2次予選も始まります。

6月11日 キリンチャレンジカップ2015(イラク)
6月16日 2018FIFAワールドカップロシア アジア2次予選
       兼 AFCアジアカップ2019予選

手術を勧めたJFAがウシーさんを招集するなんて論外ですが、今までも事とごとく予想を覆してきたJFAさんの行動には注意が必要です。

オフになったら選手達もシャルケの手を離れてしまうので、ここはヘルトさんに頑張ってもらって、(ヘルトさん自体がいなくなる可能性もまだゼロじゃありませんが)JFAからウシーさんを引き離す対策に出てもらいたいです。
でも、ウシーさんは日本に帰国するのを楽しみにしているはずですから、ウシーさんは絶対安静という事でゆっくり日本でオフを満喫してほしいですね。



人気ブログランキングへ

このブログ内でのオリジナル画像及び文章の無断での転載・盗用は一切禁止です。

続けておススメの記事
ウシーさんとヘルトさん
えっと…
何となく似ている人たち
ウシーさんのドイツ語





sirokuma1420 at 14:42|Permalink

2015年05月11日

次はパリのドクター?


シャルケもヘルトさんの今後とか気になるニュースは沢山ありますが、今回は日本代表の話題です。
yahooニュース
離脱続く内田にハリル監督「少し心配している」


記事を抜粋しますと

ブンデスリーガでプレーする選手のほか、DF吉田麻也(サウサンプトン)やGK川島永嗣(スタンダール・リエージュ)も一堂に会し、食事会を開いたことを明らかにした。

 ただし、右膝の故障で離脱中のDF内田篤人(シャルケ)の姿はなかったという。「内田は来なかった。少し残念だったが、ケガをして治療しているというこ とだった」と説明。「内田に関しては少し心配している」と、シャルケでベンチ外が続く右サイドバックの話題になると表情を曇らせた。



ちょうどシャルケにとって神経質になっていた時期だし、内田選手が来ないのは当たり前といえば当たり前ですね。
これで食事会に出てたら出てたで、シャルケの方がいい顔しないでしょうし。


ハリルホジッチ監督は「パリにいるドクターとコンタクトを取って、他の情報を聞く準備をしたい。彼に内田はどうしたらいいか聞きたいと思う」と、第3者の 意見も取り入れたい考えだが、シャルケからすれば、そんな必要はないと考えるのも当然で、「彼のクラブ(シャルケ)がパリに来させてくれない」というのが 現状のようだ。「我々は長い時間をかけて熟考し、いろんなことを考えてきた。最後は内田が決めると思う」。今後の行方を見守るしかないようだ。



自分が信頼しているドクターに直接診せたいのでしょうね。特に診断結果や治療法などを通訳を通してではなく直接分かる言葉で聞きたいんだろうな…と思います。
一人の選手に監督がここまで心配するなんて…
普通に考えれば、内田選手は重要に思われているな…となりますが、「じゃあなぜ3月の親善試合で2試合もだしたんだよ!!」とつっこみたくなりますが…

3.27 キリンチャレンジカップ2015 チュニジア  大分 
3.31 JALチャレンジカップ2015 ウズベキスタン 東京

私は、大人の事情でどうしても大分だけじゃなく、東京でも試合に出さないといけなかったんじゃないかと思っています。
大分では今まで通りキリンチャレンジカップでしたが、東京ではJALチャレンジカップでした。
ブラジルW杯の主要メンバーを、キリンさんの時は出しても、JALさんの時は出さないとなってはいけなかったのではないかと、勝手に私は思っています。(怪我人扱いされていた今野選手と内田選手は起用時間が全く同じでした)
ウズベキスタン戦ではハリルさん、内田選手にあまり無理に上がらないように指示していたように見えました。


2試合出場させておいて、代表ドクターからは「手術が必要」と言われたら、誰でも混乱しますよね。
ハリルさんもシャルケ側と代表ドクターの意見ではなく、自分が信用できるドクターの意見を参考にしたいのでしょうね。

内田選手にとっては、周囲の色々な思惑が入り混じっていると思いますが、それに左右されずに好きにしてほしいです。
というか…私はもう治療法については放射線治療で一段落ついたと思っていたのですが、今シーズンが終わったらまたJFAが揺さぶりをかけてくるのでしょうか?




人気ブログランキングへ


このブログ内でのオリジナル画像及び文章の無断での転載・盗用は一切禁止です。


続けておススメの記事
放射線治療
ヘルトvsハリル
ウズベキスタン戦









sirokuma1420 at 16:42|Permalink

2015年05月10日

ウシーさんとヘルトさん


今回はウシーさんとヘルトさんについて書いていこうと思います。
シャルケのGM(ゼネラルマネージャー)を務めるヘルトさん。

GM-日常の実務的なクラブの経営を仕切っている。ただ、多くのクラブでは実質的な権限をオーナーが握っている場合が多い事から重要な場合においてはオーナー自 身がクラブの重要な意思決定を下している。なお、各クラブによっては名称がスポーツディレクターや強化ディレクターなどと呼ぶ場合もある。(wikiより引用)


ヘルトさんとの関係をこじらせてシャルケを出て行った選手がいるなか、ウシーさんはヘルトさんとは良好な関係と保っているといえます。(JFA絡みとなると頭が痛い問題ですね)
19792_141030_uchida_handschlag_658x370
シャルケ公式HPより


今回の怪我に対しても、以前自分が同じ怪我を負っていた事もあり、秋に復帰するまでは非常に慎重に扱っていたのではないでしょうか。
特に夏の練習に無理をして参加しているのを見抜いて、ウシーさん練習から引き離したのは流石です。
ケラー監督よりもウシーさんの性格を理解しているのかもしれません(それなりに長い付き合いですしね)
そして、ヘルトさんの凄いところは、「自己管理が出来ない!」とか言って無理しているウシーさんを責めないところですね。
「ウシーは痛くても我慢して頑張って練習しちゃうんだよ」(意訳)
みたいなニュアンスの事を言っていましたよね。(そんなウシーさんの姿勢も好きなんだと思います)
そして膝の炎症を悪化させる原因を作ったJFAにちゃんと釘を刺します。

ケラー監督の進退問題が出てきても、ウシーさんを焦らず復帰させたのはヘルトさんの意向もあったのではないかと思っています。(まだウシーさんの延長交渉もしていましたし、ヘルトさんの中ではケラーさんを切る時期を予め決めていたような気もします)

延長交渉が思うように進まない時でも
「ウシーはシャルケに居たいんだ、でも日本の代理人がプレミアに行かせたがっている」(意訳)
みたいな事を言っていましたね。
若干たぬきが入っている部分もありますが、ウシーさん態度を責めるような発言は聞いた事がありません。
日本代表でウシーさんの怪我で問題が起きても、ウシーさんを自身を責めた発言は無いですよね。選手が板ばさみにならないように気を使っているのでしょう。
ちょっと対応が後手後手になった部分もありますが、今回の膝蓋腱炎をドイツ代表のドクターに診せたのも、ウシーさんを掛け替えのない(色々な意味で)選手と思っているからではないでしょうか。

監督選びや、選手の獲得には色々と問題があるものの、ウシーさんの扱いに関してはそんなに不満に感じたことは無いです。



ついでにヘルトさんの現役時代はどうだったのだろうか?と色々見ていたらケルン時代にポカールの決勝?の動画があって、ヘルトさんは途中出場していました。ここに動画を貼ろうかなと思っていましたが、凄い塩試合でやめました(汗)なんか、グダグダなシャルケを見ているようで…
リトバルスキーさんも出ていました。
そして、ベンチに↓↓↓この後ろのコーチ?監督?が座っていて、マテオさんの意外な過去(参照)のニュースの意味がなんとなく分かりました。
bild
マテオさんがケルンのトライアウトを受けた時に、ヘルトさんはケルンに在籍していたのですね。
現役時代は一緒にプレーする事はなくても、今は違う形で一緒に仕事をしているなんて…




ヘルトさん自身も今シーズンの出来次第ではどうなるか分かりません。
今日の自分の古巣ケルンとの対決に掛かってますね。


人気ブログランキングへ

このブログ内でのオリジナル画像及び文章の無断での転載・盗用は一切禁止です。


続けておススメの記事
マテオさんの意外な過去
庇護欲
ウシーさんとケラーさん
運命の歯車


sirokuma1420 at 22:04|Permalink

2015年04月19日

ヘルト氏の静かなる怒り


シャルケ日本語公式HPにもヘルト氏のインタビューが昨日upされてましたね。



内田篤人について:

篤人はW杯の前からずっと肉離れで離脱していた。その時我々は、手術をした方がいいという意見だったんだ。だが、日本の医者がそれには反対で、最 終的に篤人に手術を受けさせないことになった。これが彼のこれまでの経過だ。すると大会が終わってから膝蓋腱に問題が発生し、再び手術するかどうかが議題 に上ったんだ。我々は、保存療法で治してく方が絶対に賢明だと確信している。だが、篤人は先日もまた代表に招集され、そこで試合に出た。およそ良いことで はないがね。そうしたら日本の医師から手術をさせるべきだと勧められたよ。我々は、依然として手術回避を試みる。


なんか…沸々とした怒りを感じます。
日本代表のドクターとことごとく意見が食い違い、不信感を持っているのが言葉の端々から伝わってきますね。
そしてマーカーになっている箇所を一番言いたかったのでしょうか。
シャルケでも試合に出していなかったのに、日本代表の親善試合に2試合も(約10分と45分)出場したのに吃驚しているのですかね。そして試合に出しておいて、あろう事か手術を勧められた事で、不信感が怒りに変わったように思います。

W杯前の腱損傷の大怪我ですが、シャルケ側は内田選手の気持ちを尊重して日本での治療を認め、ドイツに戻っても、日本代表のトレーナーやドクターとも毎日情報交換をしていたようです。
シャルケ側としては、十分すぎるほどの協力をしてきたわけです。
それなのに、W杯の無理がたたって膝蓋腱炎になってしまいました。
ヘルト氏も足の調子が悪いのが明らかに分かったのに何故3試合も出したのか疑問を呈しています。
それも発覚したのは、シャルケに戻ってからです。
クラブにとって大切な選手をキズモノにして、それも何も言わずに返されたわけです。
この膝の炎症が原因で、本業であるクラブの開幕戦にも間に合わず、復帰したのは9月の半ばでした。

アジア杯は辞退して、オフの間はリハビリに専念しましたが、後半戦の超過密時期のせいかまた炎症が悪化し、このところベンチが続いていました。(そのまんまシャルケの不調と重なりますが)
シャルケ側も内田選手の膝を考慮して、試合に出すのを我慢していたのに、「話をするだけだから」と呼び出しておいて2試合とも出場させたJFAに、怒りをあらわにしても何の不思議もありません。
私は今回シャルケにしては遅いぞ?と思ったくらしでした。


手術か温存治療かについては専門家でもないし、怪我の詳細も分かっていないので、どちらが良いのかよく分かりません。

ちょっと乱暴な言い方ですが
JFA側→ちょっとは時間がかかってもいいから手術してちゃんと治して(最終予選に間に合えばいい)
シャルケ→残り試合なんとか離脱させないで、オフになって本格的にリハビリすればよくなるよね。手術して長期離脱だけはダメだよ。(でも念のため夏に右SB補強しよう)

両者こんな思惑があって、意見が噛み合わないのかと思います。

シャルケが今回は温存療法を望んでいるのは意外でしたが(ドイツはすぐ手術したがるイメージ)ちょっと穿った見方をすると、夏の中国遠征にアジア人である内田選手(中国でも人気)を連れて行かないわけににもいかないのではないかと、ちょっと勘ぐっています。


それでもシャルケは内田選手の意思も尊重していると思いますし、内田選手もマテオ監督と話した結果、今の状況を受け入れていると思いますので、どうに良い治療法が見つかり、内田選手が元気に駆け回る姿が見たいです。






人気ブログランキングへ

このブログ内でのオリジナル画像及び文章の無断での転載・盗用は一切禁止です。


続けておススメの記事
ヘルトvsハリル
ウシーさんはバイエルンを辞任したあの医師のもとに






sirokuma1420 at 18:38|Permalink