2016年12月28日

膝のメンテナンス


先程の記事はipadで書いたのですが、慣れない動作ばかりで更新するのに倍以上の時間がかかってしまいました。

ああ~
やっぱPCでブログを書いたほうがやりやすい。


そんな私ごとはいいとして

【一部抜粋】

他には鹿嶋市内の病院でMRI(磁気共鳴画像装置)検査や、鹿島の塙敬裕理学療法士に走り方、筋肉量などのチェックを受けた。「今は痛みをなくすこと、膝の位置を治すトレーニングをやった」と話した。

位置がズレたりすると痛みが出るようですね。
その都度、正常な位置に直してあげると痛みは出ないのかな?
でも塙さんがいるので心強いですね!
(ドイツにはリガトアの吉崎さんもいるし)


茨城新聞にも同じような記事がUPされています。




膝の調子を万全に整えて、これから起るスタメン争いを勝ち取る姿が見たいです。
(ロバは今居る選手にウシーさんが劣ると思ったことは一度もありません)

これからどうやってウシーさんが、今まで他の選手に明け渡していた"自分の居場所"を取り戻していくのか、考えるだけでもワクワクします。

可愛らしくて温厚そうな外見を見事に裏切る、ギラギラした部分を見ることが出来ると思うと楽しみで仕方がない!











人気ブログランキングへ


このブログ内でのオリジナル画像及び文章の無断での転載・盗用は一切禁止です。

続けてお勧めの記事

盲目・節穴と言われても、こう見えてしまうんだもの…

武士道とは死ぬことと見つけたり





sirokuma1420 at 10:32|Permalink

2015年12月25日

すぽると


ウシーさんがすぽるとに生出演!
今年一年の出来事を振り返ってや香川選手とのやりとりもあり面白かったですね。
すぽると
岡崎選手についても、ウシーさんはプレミアではなく近くのチームに移籍して欲しかったんですね。
ちょっと意外でした。

すぽると2
メイクのせいか唇がテカテカしていたウシーさん(笑)

バルサをアンパンマン、レアルのバイキンマンに例える独特の感性は流石です。
男性アナから「他局ですが」とつっこまれていましたが(笑)

一番気になっていた膝については、これから全体練習に復帰する時期を話し合って決めるんですね。




トークショーの一部を抽出した記事を読んでいる感じだとあまり怪我の状態が分からなくて、もやもやしたんですが、全体を書き起こした記事を読んだら、意外にポジティブな印象を受けました。
【抜粋】
「強度を上げると夜腫れたり、痛みも出るけど、それも込みで強くしていかなきゃいけないので、そこはうまくトレーナーと話し合いながら、どこまで痛みを出 していくのかはやりながらですね。そこは本当に難しい。やりすぎないし、痛みを出しすぎない。(完治というよりは付き合っていく感じ?)そんな感じです ね。徐々に減らしていく感じで」


ここを読むと、痛みって負荷に対するリバウンドなのかな…と。
あまり実証例がないみたいなので、復帰に慎重になるのも当たり前ですよね。
でもやっぱり痛みは完全には消えないんですかね。

筋力は前よりも付いてきているみたいなので良かったですね。


昨季の手術以前は、何となくこのままの状態が続くのなら引退も視野に入っていたのではないかとロバは思っていたので、手術する事で選手生命が延びるのならば(手術前より今の方が状態も良いでしょう)素直に手術して良かったな~って思います。

昨季のウシーさんは見ていてそのまま何処か遠くに行ってしまいそうな雰囲気がありましたから。
今はもうすぐ戻って来るんだなという期待と喜びで一杯です。





人気ブログランキングへ



このブログ内でのオリジナル画像及び文章の無断での転載・盗用は一切禁止です。


続けておススメの記事
膝は友達
身を削ってまでも求めるもの




sirokuma1420 at 04:16|Permalink

2015年09月15日

アオゴ先輩による触診


なんか来た
ウシーさん冒頭は黒いランニングシューズ?のようなものを履いてますね。
撮影前にいすに座ってスパイクに履き替えたのでしょうか。
新しい監督とコーチと一緒にいるのを見るのはこれが初めてですね。


それにしても膝の手術経験者のアオゴ先輩は、ウシーさんの膝が気になるようですね。
ガイス選手越しに、手術跡と太ももの筋肉量をチェックするという荒業を決めておられます。
ムツゴロウさんばりにウシーさんを扱うのが手馴れた様子ですね。
アオゴ先輩的には、ウシーさんの回復具合はどんな感じだったのでしょうか?
触診
後ろからヒュプシャーコーチたちも覗き込んでる様にも見えます。


ラルフ先輩やハンター先輩やゼアト先輩マルコ先輩はチェック済みなのでしょうか?
しかしマルコ先輩が隣だったら、きっと違う場所の筋肉チェックをしていたと思います。



やっと今日手元に来たフットボリスタが面白くて夢中で読んでいたら、いきなりこんな動画がくるなんて…
まだ読み終えてないのに、心が整わない。





人気ブログランキングへ


このブログ内でのオリジナル画像及び文章の無断での転載・盗用は一切禁止です。


続けておススメの記事

実は昨日のアフガニスタン戦でもう一人そっくりさんを見つけてましてね

シャルケはウシーさんの怪我についてあまり多くを語りませんね
ハッピーソーセージ!



sirokuma1420 at 18:18|Permalink

2015年04月23日

休養ではなくてリハビリなんですね


プレカンが終わりました。
内田選手の情報もちょこっと出ましたね。



内田選手、やる気満々のようですね。
今のシャルケの状態を見ていると、どうにかしたいですよね。
これだけ読むと「手術の話はどこへ行ったんだ?」と思いますが、10日後にまた膝の様子を診てから最終判断するんでしたよね。
少し、保存療法に心が傾いているのか?それともシーズン終了までは何とかもたせて、それから本格的な治療を始めるとか?
この短い文章だけでは判断しようがないですね。

ちょっと前のドイツのおじさんが撮った画像もお髭が長くなってましたし、またリハビリ施設に行ったのか、それともクラブでリハビリをしているのか分かりませんが、暫く(10日間だけど)姿が見れないのはちょっと寂しいですね。



人気ブログランキングへ

このブログ内でのオリジナル画像及び文章の無断での転載・盗用は一切禁止です。

続けておススメの記事
ウシーさんはバイエルンを辞任したあのドクターのもとに
運命の歯車



sirokuma1420 at 01:19|Permalink

2015年04月19日

ヘルト氏の静かなる怒り


シャルケ日本語公式HPにもヘルト氏のインタビューが昨日upされてましたね。



内田篤人について:

篤人はW杯の前からずっと肉離れで離脱していた。その時我々は、手術をした方がいいという意見だったんだ。だが、日本の医者がそれには反対で、最 終的に篤人に手術を受けさせないことになった。これが彼のこれまでの経過だ。すると大会が終わってから膝蓋腱に問題が発生し、再び手術するかどうかが議題 に上ったんだ。我々は、保存療法で治してく方が絶対に賢明だと確信している。だが、篤人は先日もまた代表に招集され、そこで試合に出た。およそ良いことで はないがね。そうしたら日本の医師から手術をさせるべきだと勧められたよ。我々は、依然として手術回避を試みる。


なんか…沸々とした怒りを感じます。
日本代表のドクターとことごとく意見が食い違い、不信感を持っているのが言葉の端々から伝わってきますね。
そしてマーカーになっている箇所を一番言いたかったのでしょうか。
シャルケでも試合に出していなかったのに、日本代表の親善試合に2試合も(約10分と45分)出場したのに吃驚しているのですかね。そして試合に出しておいて、あろう事か手術を勧められた事で、不信感が怒りに変わったように思います。

W杯前の腱損傷の大怪我ですが、シャルケ側は内田選手の気持ちを尊重して日本での治療を認め、ドイツに戻っても、日本代表のトレーナーやドクターとも毎日情報交換をしていたようです。
シャルケ側としては、十分すぎるほどの協力をしてきたわけです。
それなのに、W杯の無理がたたって膝蓋腱炎になってしまいました。
ヘルト氏も足の調子が悪いのが明らかに分かったのに何故3試合も出したのか疑問を呈しています。
それも発覚したのは、シャルケに戻ってからです。
クラブにとって大切な選手をキズモノにして、それも何も言わずに返されたわけです。
この膝の炎症が原因で、本業であるクラブの開幕戦にも間に合わず、復帰したのは9月の半ばでした。

アジア杯は辞退して、オフの間はリハビリに専念しましたが、後半戦の超過密時期のせいかまた炎症が悪化し、このところベンチが続いていました。(そのまんまシャルケの不調と重なりますが)
シャルケ側も内田選手の膝を考慮して、試合に出すのを我慢していたのに、「話をするだけだから」と呼び出しておいて2試合とも出場させたJFAに、怒りをあらわにしても何の不思議もありません。
私は今回シャルケにしては遅いぞ?と思ったくらしでした。


手術か温存治療かについては専門家でもないし、怪我の詳細も分かっていないので、どちらが良いのかよく分かりません。

ちょっと乱暴な言い方ですが
JFA側→ちょっとは時間がかかってもいいから手術してちゃんと治して(最終予選に間に合えばいい)
シャルケ→残り試合なんとか離脱させないで、オフになって本格的にリハビリすればよくなるよね。手術して長期離脱だけはダメだよ。(でも念のため夏に右SB補強しよう)

両者こんな思惑があって、意見が噛み合わないのかと思います。

シャルケが今回は温存療法を望んでいるのは意外でしたが(ドイツはすぐ手術したがるイメージ)ちょっと穿った見方をすると、夏の中国遠征にアジア人である内田選手(中国でも人気)を連れて行かないわけににもいかないのではないかと、ちょっと勘ぐっています。


それでもシャルケは内田選手の意思も尊重していると思いますし、内田選手もマテオ監督と話した結果、今の状況を受け入れていると思いますので、どうに良い治療法が見つかり、内田選手が元気に駆け回る姿が見たいです。






人気ブログランキングへ

このブログ内でのオリジナル画像及び文章の無断での転載・盗用は一切禁止です。


続けておススメの記事
ヘルトvsハリル
ウシーさんはバイエルンを辞任したあの医師のもとに






sirokuma1420 at 18:38|Permalink