攻撃陣

2015年07月21日

攻撃陣の気持ち


ウシーさんを応援する身として、いつもは守備陣側から物事を見がちですが、今回は攻撃陣の気持ちになってみたいと思います。

3点目はほぼハンターさんの個人技!

このところハンターさんが毎試合得点を決めて、絶好調のようです。
この前の試合はカイサラさんも得点してましたね。

守備は相変わらずザルザルのシャルケですが、攻撃の形はまだまだとはいえ攻撃陣は新監督になって確かな手ごたえを感じているのが、インタビューを読んでいても伝わってきます。

フンテラール「2桁の得点を挙げる」
チュポ=モティング「攻撃的サッカーは歓迎する」

ハンターさんのインタビューを読んでいると、昨シーズンは特に攻撃陣にとっては納得できるサッカーじゃなかったんだなと改めて考えさせられます。


ウシーさんは攻撃的なSBといわれていますが、それでも守備に属する選手です。本人も守備を重視しています。
守備の選手を応援している身としては、どうしても失点に神経質になりますし、攻撃的なサッカーと言われたら、ザックJAPANの後遺症なのか、「結局守備にしわ寄せが来るんでしょ?」と心配になってしまいます。

しかし、攻撃陣からしてみれば、1-0 で1得点しかしないよりも 3-2 で3得点して勝利する方が、同じ1点差でも個人の得点率が高くなるのでいいに決まってますよね。
攻撃陣は、個人成績として明確に自分の働きが数字に残りますよね。
守備陣は失点しても、明確な失点の数字が個人成績に表われることはないですね(個人の成績で残るのは得点とアシストだけです)
チームの失点率が高いとは言われますが…後は、メディアの個人の採点に響くくらいでしょうか。失点は守備陣だけの問題でもありません。

そう考えると、攻撃の選手たちが新監督の目指す「攻撃的サッカー」に期待を持つ気持ちも分かります。
マテオさんの時が不甲斐ない結果に終わっただけに、その反動のように攻撃陣の調子が上がってくることを、私も期待したいです。
「ゲーゲンプレッシング」という言葉が選手の口からも出ているように、攻撃は最大の防御になる事を実戦で示してほしいです。


…と言いながらも、守備についてはかなり不安です(小声)




人気ブログランキングへ

このブログ内でのオリジナル画像及び文章の無断での転載・盗用は一切禁止です。

続けておススメの記事
公式に発表があるまで信じたくないっ
皆さんお気付きでしょうか?



sirokuma1420 at 15:44|Permalink