復帰

2016年11月26日

これから先が本当の勝負!




最近、ロバの中で困っている事がありまして…


ウシーさんのインタビューが小さい男の子の声で脳内再生されてしまう…
それもちょっといじけてる感じの声で。

【一部抜粋】

-正直、今日出るかなと思っていた

 内田 俺も思ってたよ。次は(試合は)日曜日か。今日(出番が)ないから(日曜の出番も)ないかな。たぶん監督の中で戦力に入ってないんだと思う。

 -いやいや、それはないでしょう?

 内田 (監督は自分のことを)アテにしてない雰囲気。俺は分かる。でもそれはしょうがない。全員変わっちゃったからね。スタッフも上の人も。俺を知ってる人はいないから。『使えりゃ使うか』くらいだと思う。

まあ試合に出るのを決めるのは監督ですからね。
本人がどんなにやる気があっても、監督がOKを出さないと試合には出れません。

監督は何を考えているのか分かりませんが、"上の人"はちゃんとウシーさんの復帰戦について言及していますよ。
【一部抜粋】

「これまでグループステージ最終節のレッドブル・ザルツブルク戦が行われる12月8日を、内田が出場できるかもしれない時期として挙げてきた。それは今も現実的なことだよ。我々は彼を急かすことはないが、期待は寄せているよ」

以前もシェスター氏が言っていたように、ニース戦前のPKでも12月8日にウシーさんが出場できるかもしれないと言っています。

ウシーさんはシェスター氏がザルツブルク戦での復帰を考えている事を知っているのでしょうか?

ウシーさん自身が復帰戦をザルツブルク戦に標準を合わせていたら、試合後のインタビューであんな事言わないような気もするんですけどね?
ウシーさんの中ではもっと早く復帰できる手応えがあるのでしょうね。




ウシーさんの復帰に関しては周りは相当デリケートになっていると思うんです。

ドイツに戻って夏のキャンプは帯同せずにU23の練習に加わっていた時がありましたよね。

・どうやらウシーさんはキャンプ不参加の様です

・いた!


CpBQPV6WIAAuMwc

U23の練習に参加直後に、痛みが再発して日本に一時帰国しています。詳しくは↓↓↓の記事参照



トップチームがキャンプ地に行ったら、シャルケのドクターも理学療法士もそちらに帯同するので、ウシーさんのケアも疎かになってしまったのではないでしょうか?

ウシーさんは10月の半ばまでメディコスのトレーナーと一緒に個人トレーニングをしていました。
コケさんは外に出てきてからもメディコスではなく、シャルケのPTさんとトレーニングしているようです。

Cx36LEhWgAAoBjLCx36JkXW8AAtca_

別にコケさんとウシーさんの扱いが違うとかいう事を言いたいのではなく、何度も痛みを再発したウシーさんの経緯を見直して、医療体制も少しずつ改善されていっているのかな…と思います。

先月でしたっけ?プレカンの前に新しい医療パートナーの紹介みたいなのがあったのですが(ローゼンタール何とかさんが…)←うろ覚え(汗)
ドイツ語だけだったので、そのうち日本語公式さんが訳してくれるのを期待していたのですが、日本語では紹介されませんでした。
↓↓↓この記事です
http://www.schalke04.de/de/aktuell/news/161021_medizinisches_konzept/page/8584--10-213-.html


こういう感じで、ウシーさんが肉離れを繰り返していた頃とはクラブ側の対応も変わってきています。
怪我人が続出して無理に復帰しなければいけない状況でもありません。

数週間先にチーム練習に合流したアヴディヤイ選手も、昨日の試合の後半からちょっとだけ出場した形でした。
(ドニス君が復帰する前にウシーさんが復帰するとは思っていなかったのでロバの中ではニース戦の復帰は無いだろうな…と思っていました)

長期離脱している選手はU23で試合に出場してからトップチームの試合に出場する場合が多かったのですが(14-15シーズンはウシーさんもU23の試合に出場していました)
今回はアブディヤイ選手もU23の試合に出場せずEL戦で復帰しています。

という事はウシーさんもU23の試合に出場しないままELザルツブルク戦に出場する可能性があります。


またここで話を戻すと、8月にキャンプに帯同させずにU23の練習に参加した後に痛みをぶり返していたので、同じ事を繰り返さないために、今回はトップチームで様子を見ていくのではないでしょうか?

ウシーさん本人も、新体制になってからチームとは切り離しての行動が長かったせいか、疎外感を感じている様にも思えます。
以前は別メニューでもチームと一緒にキャンプに帯同していたのに、マルクスさんになってからはキャンプに帯同させずU23と一緒に練習です。(U23で練習できるくらいだったら一緒に連れて行ったら良かったのに…とロバは思いましたけどね…)



何度も痛いみをぶり返してやっとここまで辿り付きました。当初全治4~6ヶ月の予定でしたがそれから+1年長引いています。

今回のインタビューを読んでいくと、肉体は良くなってきているのに復帰への道筋が見えず、焦りを感じているように思えます。
精神的にはもしかしたら今が一番辛いときかもしれません。



普通は、"この試合を復帰の目標に頑張ろう!"と監督やコーチとゴールを設定して一丸となって目標に向かっていくのではないでしょうか?
ウシーさんの今の状況は、クラブ側と選手側の意思の疎通が取れているとは思えません。

まさか試合後のインタビューでウシーさんがこんな事を言っているなんて、クラブ側は思っていもいないのではないでしょうか?

クラブ側はちゃんと選手の心のケアまでしているのかな?
今のシャルケにはウシーさんを支えてくれる仲間はいるのでしょうか?




こんな事を書いていますが、ウシーさんはまだ恵まれた環境にいる方だと思います。
記者から質問されたからかもしれませんが、SDがわざわざ2度もウシーさんの復帰戦について言及していますし。
ウシーさんはSDではなく監督がどう思っているのかを知りたいと思っているのでしょうが…(離脱中でも何度も面談しているハリルさんは異常だと思います(笑))


しかし、
ここで自分の居場所を取り戻してチームの中で存在感を示していかなければ、何処のチームに移籍したって同じだと思います。

まずは今のチームに早く馴染んで、ウシーさんがいつも言っているように言葉で語るよりも、サッカーで自分の居場所を取り戻していってほしいです。










人気ブログランキングへ


このブログ内でのオリジナル画像及び文章の無断での転載・盗用は一切禁止です。


続けてお勧めの記事

髭の謎3

ウシーさんのドイツ語


(ロバのお庭)

報知の記事って帰国の事より個人トレーナの事がメインになってない?








sirokuma1420 at 14:44|Permalink

2016年11月03日

“復帰に向けて大きく前進”の記事とウシーさんGKからお尻ペシッの2本立て


WAZにウシーさんの記事がUPされています。


上の記事を元にして日本語でも記事になっています。

【一部抜粋】

10月のはじめにMRIの結果が良好であることが発表され、復帰がそう遠くないことが明らかになった。それからはトレーニングのステップに進んでおり、クラブのアクセル・シュースターSD(スポーツディレクター)は内田の状況について「素晴らしい。負傷してから今ほど良い状況だったことがないからね」と明かしている。

続けて「アツトを完全に構想に含められるまで、あとわずかだ。もう特に気を配る必要もなくなっており、実際にやれば、すべてのメニューをこなしても大丈夫だろう。今はまだ少し慎重に、内容次第で彼をトレーニングから外すこともあるけどね」と語り、復帰が近いことをほのめかした。


もう少しで構想に含められるという事は、ベンチ入りもそう遠くはないという事でしょうか。
昨日は紅白戦にも右SBとして参加していましたし(←ココ大切!カイサラ選手もリーター選手もSB以外のポジションについていました)

まだU23の試合なりに実際に出場してどれくらいのリバウンドが来るのか、色々クリアしなければいけない問題も沢山あると思いますが、今回は周りも含めて手応えを感じているところに、「やっとここまで来たんだな」という実感が湧いてきます。


ゲキサカにも同じ記事が。






そしてこちらは、昨日の練習動画ですが、GKの練習に特化した動画です。
こうやってじっくり練習を見ていると、GKの選手達に謎の連帯感があるのも分かる気がします。
こうやってお互いライバル同士で一緒に高めあっているんですね。
遠くから撮影しているはずなのにパシンって音が聞こえるんですけど(笑)
最初の方の映像が切れてて分からないのですが、ウシーさんヴェレンロイター選手にイタズラでもしたのかな?

最近練習中にちょこちょこ何かやってますね(笑)






先程、今日の非公開練習の様子がちょこっとツイッターにUPされていました。
ウシーさんの後ろ姿から動画が始まっていますね。これは日本語公式だけではなくドイツ語や英語でも同じ動画でした。(今日は温かいのか皆さん薄着ですね)
EL前の非公式練習だったら、普通はプレカンに出ていたチュポさんとかスタメンが期待出来る選手を中心に動画が製作されそうなのに、最初はあえてウシーさんで始まっているところが何だか嬉しいです。
"シャルケのウシー"がやっと帰ってきた。


ウシーさんが練習に帰って来てから、全然覚えられなかったコーチやトレーナーの顔が判別出来るようになったし、マルクスさんもやっと人間臭く見えてきました。















人気ブログランキングへ


このブログ内でのオリジナル画像及び文章の無断での転載・盗用は一切禁止です。

続けてお勧めの記事
【練習動画】ウシーさんがアシストを
【練習動画】ダービー前にシャルカー3000人?4000人?が激励!そんな中…





sirokuma1420 at 00:49|Permalink

2016年10月24日

ウインク!?


ウシーさんの明るいニュースが一番嬉しい。
この写真いつも思うけど……(´-`).。oO(ミルク飲み終わった後の赤ちゃんみたい…)


それはいいとして、順調そうで何よりです!
【一部抜粋】

怪我の回復については「俺ももうだいぶやれるかな。『チームと全部やらせてくれ』って言ってるんですけど、やっぱヨーロッパリーグが入ってくるとチーム練習が軽くなっちゃう。その軽い練習を俺が一緒に参加してもって感じだから。できるけど、別で上げてるって感じ」と、コンディションを上げるため、チームの軽い練習とは別メニューでのトレーニングを実施していることを明かしている。

試合の翌日の練習は調整メニューが多いですけど、今のウシーさんにはもっと負荷が必要なんですね。
本人はチームと一緒にずっと練習したいのでしょうが、もう少しの我慢ですね。



実戦復帰に関しては「事故的なことがあるからね、サッカーは。自分のタイミングじゃないタイミングで動いたりとか、滑ったり、相手が乗っかってきたりとかもあるんで。そうなったらぶっちゃけ手術したしないは関係なく怪我しちゃうからね。今のところは自分の頭の動きの中では戻ってきてるから、あとはそういう事故とか、思った以上の負荷に耐えられるかという」と、慎重に復帰への道を歩んでいることを明らかにした。その一方で「俺はもう監督が『行け』って言ったら行くけどね」と、意欲を示している。

練習中に何度もキックのフォームを確認している場面がありましたが、イメージと実際の動きとの違いを修正していたのでしょうね。
ウシーさんの中ではかなりの部分まで仕上がってきているのでしょう。
全体練習への完全合流の準備が出来ているということなのかな?




今シーズンから指揮を執っているマルクス・ヴァインツィアル監督との関係については「クロスとか練習やって良いプレーしてれば、このあいだは『ひざ良くなってきたな』って声かけてくれたし、ウインクされました(笑)」と良好な関係をアピール。また、11月にロシア・ワールドカップのアジア最終予選を戦う日本代表についても「いやぁ、俺は11月狙ってるけどね、代表(笑)。それまでに(シャルケで)試合に出なきゃダメだから。逆算して、いつチーム練習に復帰して、ベンチ入ってって考えてたけどね。どう考えても間に合わなかった」と、冗談交じりに返答。その上で、「でもそう考えるほうがさ、だいぶ変わってくるからね、自分の中で」とモチベーションを上げるために代表復帰を1つの目標としていたことを明かした。

監督とのエピソードを読んで安心しました。
へぇ~
ウインクとかする人だったんだ~~~

(そういえば…ウシーさん…ウインクはあまり上手じゃなかったな…)
CvEKiuMXYAAzJ7c
ウインクくらいはしそうな雰囲気ではある(笑)

【ウシーさんは正直だからな】決して監督の良し悪しではありません。解る人だけ見て笑って下さい
マガト×
ラングニック△
ステフェンス×
ケラー〇
マテオ△
ブライテンライター無
ヴァインツィール→〇になりそうな予感



そして日本代表復帰も視野に入れて頑張っていたんですね(流石に11月は早いよ!)
ウシーさんが代表戦をモチベーションにしているというのも意外な気がしますが、前回のW杯にかける想いをみていると、なんの不思議でもありません。

でもまずはシャルケで無事に復帰して活躍してからですね。











人気ブログランキングへ


このブログ内でのオリジナル画像及び文章の無断での転載・盗用は一切禁止です。

続けてお勧めの記事
白ウシー
勝った~~~!!!


sirokuma1420 at 15:14|Permalink

2016年08月30日

最近ちらほらと日本代表の選手たちがウシーさんの名前をあげていますが


長谷部さんは日本代表キャプテンとしての任務を無事に果たされたようですね(笑)

【一部抜粋】

また、黒柳は長谷部に対して「ハンサム」と連呼。「ハンサムと言われることについては?」と黒柳が投げかけると、長谷部は「サッカー選手見ていただければ 分かるように、内田をはじめみんな(ハンサム)。僕なんかは全然…」と照れた。自身の顔を「しょうゆ顔って言ったらあれですけど…」と表現した長谷部。黒 柳が「日本男子らしい顔!」と切り返すと「そういう風に言われるのはすごくうれしい」と笑顔を見せた。視聴者へ向けて、黒柳は長谷部のことを「ハンサムと は言わないで、日本男子顔とお呼び下さい」と呼びかけていた。
 
これ以外にも、やべっちFCでウシーさんが長谷部さんについて語っている部分をVTRを流していました。

私は今でも、長谷部キャプテンがウシーさんを誘ってザックさんをお見送りに行ったのは、とっても大事な出来事だと思っているんですけどね。





他にも、サッカーダイジェストのインタビューで清武選手が、ウシーさんが日本代表にいる時の雰囲気について語っていたようです。




もうすぐアジア最終予選が始まりますが、
代表から一年以上も離れている選手が、日本代表の話題で現代表の選手達から名前があがるってどういう事でしょう?


早くここに戻って来い!

ということなのかな?










日本代表に関しては、ハリルさんがずっとウシーさんの事を目に掛けて注視しています。
海外組の合宿に呼んで参加させたり、この前のメンバー発表の記者会見でも、ウシーさんの話題がありました。
ずっと細かなコンタクトを取りながら、サポートしているのが伝わってきます。(詳しくはここから)
もしかしたらシャルケの監督よりハリルさんの方がウシーさんの事を気にしているのでは?と思ってしまうくらいです(汗)

海外組の合宿に怪我でリハビリ中のウシーさんを参加させた事に関しては、
「代表とは関係のない選手を呼んで特別扱いしすぎでは?」
という意見もあるかもしれません。

しかし、ウシーさんに関しては、手術に至るまでの一連の経緯を見ていると、今までが酷かったからな…と思わずにはいられません。
ウシーさんのようににクラブと代表との両立でボロボロになって、選手生命に関わる怪我を負って苦しむ選手を、これ以上増やしてはいけません。

57451447-a5d4-44e2-9d5b-47e4d3093d95
それに、これだけハリルさんがウシーさんに目を掛けて励ますのは、それだけ難しい怪我をしているからでしょう。
(大前提として、日本代表に必要な選手というのがあると思いますが)
本人も復帰に向けて一生懸命頑張っている最中ですし、ハリルさんも何とか復帰してほしいと尽力しているのでしょう。

ピッチの上に立って、90分間試合に出て
やっと他の選手達と同じ土俵に立つ事が出来るのです。


まだ同じ土俵にいませんから、同じように扱うことも出来ませんよね。


選手として復帰したら、ここから先はハリルさんもシビアになるのではないのでしょうか?
監督と選手としての関係が築かれるのは、ウシーさんが復帰してからなのかな?と思ってます。












人気ブログランキングへ



このブログ内でのオリジナル画像及び文章の無断での転載・盗用は一切禁止です。


続けてお勧めの記事
個人トレーナを付けるように勧めたのは
左手首を見て思うこと







sirokuma1420 at 21:07|Permalink

2016年05月16日

ロータス


<注意>ロバの勝手な見解です。嫌な人はスルーして下さい。



現在最も知りたい事といえば、ウシーさんの膝の状態です。




↑↑↑のインタビューで
「とにかく焦っちゃだめだと。また痛くなったら、再び半年単位で時間がかかってしまう。」


とウシーさんが言っていたのですが、今の状態はまさしくその状態なのではないかと思います。
報知の記事にも7月中にチーム合流を目指すとありました。
2,3,4,5,6,7
と、ちょうど日本でリハビリを始めて合流目標まで半年です。

ドイツで書かれた記事をみても、相当痛みがあって帰国に至ったようですし、やっぱりシャルケの全体練習復帰あたりで、膝に負担が掛かってしまったのでしょうね。



昨日から、ハイデル体制がスタートしました。ハイデルさんは、合流する前に本人と直接会って膝の状態をヒアリングして、これからの事を決定していくはずです。

果たして、内田篤人はシーズンを通して戦力となるのか?

1シーズン戦える状態に回復する事が、ウシーさんに求められる最低限の条件ではないでしょうか?
もし条件を満たせなくてもどこか買い手があれば、移籍の可能性もありますが、1シーズン出場を見通せない選手を買うチームが果たしてあるのかは疑問です。(サム選手の例もありますし…)

それが出来なければ、カイサラさん1人になってしまうので、リーター選手と契約延長するか、どこからか新しい右SBを見つけてこなければいけません。


来季の構想に入るためには、7月には何としてもチームに合流してキャンプに参加したいところです。
クラブとしても、悠長には待ってはくれないと思います。

ウシーさんとシャルケとの契約は2018年の6月30日までの、あと2年。
今年はEL、そして最後の一年はCLに出場して結果を残したい、と考えたら何としても試合に出たいですよね。




話が最初に戻るのですが、ウシーさんの膝の状態です。

手術する前より痛があるのか?
手術する前より痛みが和らいでいるのか?


手術する前は膝の曲げ伸ばしが思うように出来ない上に、痛み止めを飲みながら試合に出場していました。

手術後のいくつかのインタビューを見ると、膝の曲げ伸ばしは以前より出来るようになったようですが、痛みはあるようです。
その痛みがどのくらいの強さなのか?というのが気になります。

まさか今の状態で痛み止めを飲みながらリハビリを行なっているとは考えられないので、現段階では手術前よりも痛みは少ないのではないでしょうか。
それこそ、全体練習も試合もやってないのに、手術前よりも痛みが強いのならば、何の為に手術したの?ってなってしまいますよね。


14-15シーズンは、膝の痛みと戦いながらも、試合に出ればちゃんと結果を残してきました。ウシーさんが出てない時と出ている時の成績を見たら一目両全です。
しかし、痛み止めを飲み続けながらの状態で、無理してサッカーを続けても、結局1シーズンも持たないわけです。


ウシーさんの性格上、7月は分かりませんが、なんとか開幕前までには試合に出場できる状態にまで仕上げてくると思います。
しかし、ウシーさんの場合は痛みを我慢してだましだましやっても、いざ試合になるとそれなりにこなしてしまうので、「あれ?全然大丈夫じゃん!」と、周りが思ってしまうところが落とし穴でもあります。

そうならない為にも、痛み止めなしでも何とか1シーズンやり通せる所まで膝の状態が回復している事を祈ります。
手術して、リハビリに慎重になっているのも、手術する前の14-15シーズンの状態にならない為の予防策であることを願います。




最終的に手術を決断したのはウシーさん本人。
執刀医はウシーさんの信頼するドクターです。

「引退の危機」など変な記事を書いて外野は騒いでいますが、このまま本当に引退なんて話になったら、「やっぱりあの手術は失敗だったんじゃないの?」と言われかねません。執刀医にも批判の矛先が向けられるかもしれません。
ウシーさんの性格上、最もそういう事を嫌いそうなので、必ず復帰して活躍やるっ!!!という思いが復帰への強いモチベーションになっていると思うのです。

先ほどのサカダイのインタビューの中で
「ドイツ代表のドクターでウサイン・ボルトやマイケル・ジョーダンなどを診たことがある名医にも手術を反対されたけど、最後は押し切りました。かなりわがままだったと思う。」
とあるように、意外と頑固な部分もあります。

どんな権威のある人に何と言われ様とも、自分が信頼する人にだけ身を委ねる。
これは傍から見ていると、一種の危うさを感じずにはいられませんが、そこがウシーさんの人間的な魅力でもあります。

ここまできたのなら、後悔のない様にとことん我を貫いて下さい。



ブラジルW杯を思い出すと、胸の中が掻き毟られるようなムシャクシャした思いになります。
ホント…子どもじみて馬鹿みたいですけど…
未だにA代表の試合を穏やかな気持ちで観る事が出来ません。

ウシーさんの口から「努力は報われなかった」とか言う言葉は二度と聞きたくありません。
シャルケでも日本代表でも、いっつも泥にまみれて頑張って来たんです

今季は、まるで土の中で冬眠でもしているかの様に、リハビリに専念して、表舞台には顔を見せませんでした。






a0960_006807


蓮は泥より出でて泥に染まらず


泥の中から清らかな蓮の華が咲くように、
怪我という泥沼から抜け出して華麗に復帰する姿が見たいです。








人気ブログランキングへ



このブログ内でのオリジナル画像及び文章の無断での転載・盗用は一切禁止です。


続けておススメの記事

ウシーさんを抱っこしたし担いだりする事について



sirokuma1420 at 18:45|Permalink