就任記者会見

2016年06月23日

就任記者会見


【一部抜粋】

コーチ陣について:

 監督の強さは、そのコーチ陣の強さによる。だから、私の同僚がアウグスブルクから一緒に来てくれることを嬉しく思う。ヴォルフガング・ベラートビアス・ツェルナーが私のアシスタント・コーチで、トーマス・バルトがアスレチックコーチだ。更に分析家のトーマス・リンツマイアーも加わる。GKコー チのジモン・ヘンツラーとアスレチックコーチのルーヴェン・ファラーも引き続きチームに残る、これは私にとって重要なことだ。同じく大変重要なのは、下部 組織クナッペンシュミーデからマルクス・ツェトルマイスルを再び呼び寄せることだ。私は彼をとても高く評価している。アスレチック分野で引き続き我々を助けてくれるだろう。

やはりマルクスさんがアウグスブルク時代からのコーチを引き連れて来るようですね。
分析家のトーマス・リンツマイアーも加わる。というのも気になりますけど。

長年コーチを務めていたヒュプシャーさんともどうやらお別れですね。
寂しいな…
10499228_359955427496620_805681503_n
決してウシーさんにデレないヒュプシャーさんがロバは好きだったのに……


サッカーのアイディアについて:

 我々は全てを分析した。チームのクオリティーは良いと思う。これは成功を収めるため、そして更なる成長を遂げるための良い基盤となる。いくつか 良いアプローチもあったし、状況を改善するつもりだ。私にとって重要なのは、我々が勇敢で積極的になり、遠慮のないサッカーをするという方針を打ち出すこ とだ。それが大体どのようなものかは、アウグスブルクの最も調子の良かった時期に見ることができただろう。似たようなことをシャルケの選手たちとこのレベ ルで実現できれば、我々は成功を収められるだろう。そのように確信している。

確かにこの部分は今のシャルケに足りない部分です。
だけどアウグスみたいにコロコロはやめて下さいね。

南ドイツからルール地方への引越しについて:

まだそれほど多くは見ていない。だがアレーナの近くに住むため、家を探そうと思っている。しかしそう簡単にはいかないようだ、既に1件断られてし まった。それというのも、そこの大家は長く住んでくれる人に入居してほしいみたいでね。でもこんなことで怯んだりはしないさ(笑)。

これはジャーマン・ジョークなのかな(笑)
シャルケの監督を一年以上続けるのは難しいですよね……

マルクスさんって無表情で淡々としているイメージがあったのですが、こんなジョークも言える人なんですね。
会見中の笑顔が印象的でした。


記事にはありませんが、こんな事も言っていました。
ロマンさんもいなくなるしボランチの選手は必要ですよね。
最低でも怪我の少ないキルホフさんくらいのレベルの選手が来てくれないかな……

27・28日に体力テストをして、29日の水曜日から練習開始ですね。
ウシーさんはどうするんだろ…

選手達も新しいSDと監督が来て、気合が入ってそうですね。

ウシーさんもポジション争いが待ってますね。
膝の調子が良ければあんまり心配していませんけど。






毎年監督が代わってこの時期になるとドキドキしてきます。
今年こそはウシーさん飛躍の年になってほしいですね!







人気ブログランキングへ



このブログ内でのオリジナル画像及び文章の無断での転載・盗用は一切禁止です。


続けておススメの記事
ついにロマンさんともお別れです
ベニーさんの記録を見てこれを作らずにはいられなかった
去年のチーム始動日は…


sirokuma1420 at 06:00|Permalink