安西

2019年03月19日

左サイドのお2人さん


私はサッカー経験者でもないし、何も知らない素人なので、試合を見る時は戦術なんてあんまり考えません。


川崎戦の前も
『川崎は戦術があるから』
『今の鹿島には戦術というものがない』
とか言う意見をネット上でよく見かけましたが、正直「何言ってるんだろうこの人たち」と思っていました。

あんなに『戦術が~戦術が~』と言われていたのにFKでしか得点できなかった川崎と、ロングボール一本から得点した鹿島。
引き分けだったけど、一体どちらのチームにその『戦術』とやらがあったのだろうかと。


試合後のインタビューでも、川崎の裏を突いたロングボールでアシストしたウシーさんが
コンパクトに守ってくるのが現代サッカー。タッチラインからタッチラインまで(の距離を)蹴れれば守備も何もない。言い切っていました。
ウシーさんが"現代サッカー"という言葉を使う時って、皮肉って聞こえるのは何故だろう…


ウシーさんは戦術理解度が高いと言われていますが、今流行の『サッカーを言語化する』とは逆行した擬音語をたくさん使ったインタビューを読むと小気味良ささえ感じてしまいます。
過去には『ピッコロさん』や『ピカチュウ』、『タンポポみたいなサッカー』も登場しましたね。

私はどちらかというと、勝ちたい気持ちと気持ちのぶつかり合いを単純に楽しみたい派なので、『5レーンが~』とか『言語化~』とかいう言葉を聞くと途端に気持ちが萎えてしまう。
だから理論武装した人たちとは敢えて逆をいく、ちょっと捻くれた所のあるウシーさんに強く惹かれます。



内田篤人のサッカーの上手さって何?って聞かれたら、細かい事は分からないので「人の心を読むのが上手いこと」じゃないかって答えます。
敵をイライラさせてカード出させるのも上手いし、不意をつくタイミングで攻め上がり、守備では絶妙なポジショニングで敵のパスコースを防ぐ。
全て『相手がこれをされたら嫌だろうな』という推測から来ている動きなんだろうなと。

そして味方を気持ちよくサッカーさせるのも上手い。
最近は可愛い後輩達の育成に余念がないですね。







前置きが長くなりましたが、この前の札幌戦でウシーさんとは反対サイドの2人の選手が気になったのでこの2人にスポットを当てたいと思います。

99CED1DA-B0C4-4387-99E8-38FEA921CBF8
町田選手よりも大きなサイズのパンツを穿いている様に見えるのは目の錯覚か?










左サイドの安部選手と安西選手。
今シーズンに入って特に明暗が分かれてきているこの2人。

実際に現場で見てプレーにも感じるものがありました。
ウシーさんは兎に角、左サイドを常に見ている。
安西選手のポジショニングを修正して安部選手を出来るだけフリーにし、自分がボールを持ったら対角線にいる安部選手にサイドチェンジをしたい。
そんな場面を何度か見ましたが、安部選手の動き出しが遅く二度ほどボールがラインを割っていました。それにもったいないファールを貰ったりと、気持ちだけが空回りしているようにも見えました。

D8D7669A-DEF1-487B-9A7C-99CCD135B25F

彼は鹿島の10番を背負う重みに耐えかねているのでしょうか?






一方、安西選手は攻守の切り替えにメリハリがつき、動きにも迫力とキレが出てきました。
湘南戦のゴールに札幌戦でのアシストと結果も付いてきたし、初の日本代表にも選出されました。
安西選手はインタビューでも必ずと言っていいほど篤人君という言葉が出てくるほどウシーさんは大きな存在。

A9C7D568-DF72-414E-842D-B2F8742A8D4E
ウシーさんが戻ってくると分かっていながらも鹿島に来た事が
サッカー人生の大きなターニングポイントになったのでは?






しかし、今だけを見ると明暗がはっきりと分かれたように見えますが、これが一年後二年後に一体どうなっているのでしょうか?




これは勝手な見立てですが…
安部選手はちょっと頑固な所がある。でもそれは言い換えると自分の考えをちゃんと持っている。
サッカーでも誰かに言われて動くというよりも、自分で考えて動くタイプだと思います。
今、あまりうまくいってないように見えるのは、その自分の考えと周りの考えを衝突させてないから他の選手達と意識を共通できない、同じビジョンが見れてないのではないでしょうか。
だから自分の殻に閉じこもっているように見えます。
でもこういうタイプって一度自力で殻を破ると、自分の考えをちゃんと持っているのでどんな所に行っても適応できるようになると思うんですけどね。



中学生の頃から本田圭祐選手の薫陶を受けて育っていますし、本人も↓↓↓こう言っているのであまり心配する事はないと思います。


「夢をもって、それを周囲に言って、自分の逃げ道をなくす。素晴らしい考え方だと思いましたし、同時に強い人間じゃなければできないことだと思いました」


今、正にその状態に自らを追い込んでいってるのね(笑)
ウシーさんが言うようにこういう選手って海外向きなんだろうな。
(東京五輪もあるし来年大きく動きそうですね。鹿島の10番を背負って満足しているだけの選手ではないでしょう)







そして安西選手。
今の所、全てが上手く行っているように見えます。
彼が日本代表に選出された途端に、代表戦を見るのが楽しみで仕方なくなった。
ホント何年振りだろうか…

しかし、代表戦は鹿島とは違います。
同じポジションの選手は皆ライバルです。
誰も教えてはくれません。
ウシーさんみたいに的確にリモートコントロールしてくれる優しい先輩はいません。
(安西選手は頭で考えるより身体で覚えるタイプだと思う)

今、内田篤人というSBでは歴代日本で一番の経験値を持った選手がチームメイトで、しかも惜しみなく自分の経験を伝授してくれる内に、ちゃんとそれを咀嚼して自分のものとしておかないと、それ止まりの選手になってしまいます。
ウシーさんのいう事をただ聞くだけでなく、そこにちゃんと自分を乗っけていかないと違うチームでプレーする時に臨機応変に対応できない鹿島専用機になってしまいます。

酒井高徳選手も日本代表に最初出てきた時は左右SBの出来る貴重な選手だと思っていたんですけど、これといった特徴もなく代表にも呼ばれなくなってしまいました。
そうならないように、安西選手には頑張ってほしいです。

日本代表に選ばれた彼が、一体どういう動きをするのか今から楽しみでもあるし、怖くもある。

そして今のところ"内田篤人一色"に染まっている彼が、代表選手達と交わる事でどう変化するのか(安西選手は周りの影響を受けやすそうに見える)。
鹿島に帰って来て良い方向で出るのか悪い方向に出るのか、ちょっと興味深い。








『俺を信じろ。お前を信じる俺を信じろ』
エルゴラの選手名鑑に載ってたんですけど…(コレ本当に本人が言ったのかな?w)

この言葉をもし本人が言っていたのならば、これは誰に向けられた言葉なのでしょうか?
鹿島の選手全体に言った言葉なのかもしれませんが、色々想像すると面白いですね。

私の中では、左の最奥に蹴られたサイドチェンジのロングパスにこの言葉をのっけるのが一番しっくりきます。












人気ブログランキングへ


このブログ内でのオリジナル画像及び文章の無断での転載・盗用は一切禁止です。




 


sirokuma1420 at 23:07|Permalink

2019年03月18日

この試合の勝ちは大きい!









ここからはゲームの流れに沿いながら。
秋に見た時とはまるで別人。
鈴木選手を参考にオフに身体を絞ったという記事を見ましたが、実際に見ると全然違った。
ゴールを間に挟んでロングボールのパス交換をしていました。


そして試合開始。

1FCBFDEC-7770-4F33-A1B6-5E2C1DB8054E

D1CC362A-F27F-448E-A99E-00284806FC01

実際にはもっとガッツリ抱きついてました。
スンテ兄さんの笑顔が素敵です。



常にウシーさんがサイドの選手2人を見ていたので、レアンドロは後ろを向かなくてすむ。
高い位置をとることで札幌の左サイドが守備にまわされ(それもちびっ子2人)、レアンドロが水を得た魚の様に生き生きとしていました。
高い位置でのスライディングを一度交わされましたが
あれがあることでチャナティップが接触を避けて距離を置くようになりました。
ああいう初めにガツンといくのは流石だなと思いました。

真ん中のスペースがぽかーんと空いていました。
そこをレオシルバが無双。

前に推進力のある右サイドって素敵。

自分がボールを持った時はまず、左サイドをみてポジション修正をしていました。

札幌はあまりガツガツしていない印象。


ずっと手を上げて選手達に指示を送っていました。


斜めに走ってボールが漏れてきた所をケアする。
謎のボールキープ力もインターセプトの素晴らしさも、この試合では輝いていた。

失点してからはちょっとだけドキドキする場面もありましたが、勝つべくして勝ちました。








試合後
DAC030B7-7D3A-434F-9D98-9131B1CE3DED
もうこの仕草はクセになっているのか。
軸足だからね、常に張りがあるのかもね…

ボールキープしたがるチームは鹿島にとってお得意様ですね。

もうこれは間違いない。
監督よりも経験豊富だし。

ますます成長して大物になってほしいです。

これか~岡田監督とかが言ってた事って。




安西選手と安部選手については、また分けてブログに書こうかな。






今回の試合を生で見て思った事の総括

レアンドロと内田のコンビは素晴らしい!
翔さんヤバイ
スンテ兄さんの狙い澄まされた縦ポン
キャプテンにリモートコントロールされる安西
レオシルバにマティプを感じた



特に面白かったのは翔さんとウシーさんの共通点。
二人ともゴール前でも力まないからトラップが素晴らしい
(翔さんは敵陣、ウシーさんは自陣)
ウシーさんがいない前の試合と違って、前と後ろでの共通認識が出来ているので、攻撃も守備も流れるようにスムーズでした。
まるで一貫した戦術があるクラブみたいじゃないか!?

翔さんは後ろに目が付いているのかと思うほど前を向いたままでも全体が見えている。
そして決してサイドに掃けたりしないので得点に繋がる事が多いのかなと。
ウシーさんはボールを持ったら一番遠いサイドを見ることを徹底しているんだなと再認識。
(本当は安部選手の動きがポイントになってくるんです)















おまけ
おっさん尻フェチなんです。

とても三十路には見えない…

B882729D-98EE-4610-8B7E-614B7E15DD80
今日も闘将という言葉が相応しい戦い振りだったのですが…
気が抜けると内股にw




兎に角、生でピッチに立っているウシーさんが観れて良かった!
そして、試合に勝てて良かった!











人気ブログランキングへ



このブログ内でのオリジナル画像及び文章の無断での転載・盗用は一切禁止です。




 

sirokuma1420 at 11:11|Permalink