守備

2016年07月25日

右サイドの守備


この前のテストマッチのハイライトがUPされています。
得点シーンと失点シーンのみですが、ナスタシッチ選手がPKをとられる場面に今のシャルケの課題が見えてきます。

右SBが上がっている状態でその裏にロングパスを通されています。
シェプフ選手がもう少しプレスをかけて、ナウド選手が相手の24番をちゃんとマークしていたらあんな事にはならなかったはずなんですが…。

ナスタシッチ選手が右サイドで守備している時点で、相手の24番にパスが渡ったらヤバイですよね。
BlogPaint
キール戦でのPKになる前の場面

BlogPaint
シャルケTVの有料版ハイライトではPKをとられた後にもう一度全く同じパターンでシュートまで持っていかれています。

カイサラ選手とナウド選手がスコーーーンと(潔いくらいに)抜かれて、シュートにもっていかれる場面を何度も見ます。
上位のチームとしたら反対サイド(コラシナツ選手の外側)からもう1人選手が走りこんできて、ノーマークで綺麗にシュートを決められてしまいます。

ナウド選手はベテランでとても頼りになる選手なのかもしれませんが、危なっかしい部分もあります。


リーター選手の時は下がり気味なので、裏を取られてあわや失点という場面をあまり見ません。


この前の試合でカイサラ選手がアシストをしています。
しかし、あんなにSBが上がっていなかったらPKになって失点する事も無かったと思います。
そしてカイサラ選手が上がるから、スペースが無くなってシェプフ選手は空気みたいになっていました。
シェプフ選手も普通にプレーが出来ていたら、得点に絡んでいたのではないかと思います。
シェプフ選手はユーロで得点を決めていますし、一皮剥けてこれからが楽しみな選手です。


何が言いたいかって?



SBはまず守備をしようよ。

三部くらいの相手ならば、それでもギリギリ通用するかもしれませんが、右サイドにあんなに守備の穴があったらな、狙わずにはいられないでしょ?

CBかボランチがちゃんとケアしてくれるのならいいのかもしれませんが、ナウド選手は現状では上手く出来ていませんし、今のボランチの選手も全くそこまでカバーできていません。
そこまでリスクを犯して右SBが上がる事で効率的に得点に繋がっているか?と聞かれたら、答えは「NO」です。
カイサラ選手のアシスト数を見れば一目瞭然です。



あれは監督の指示なのでしょうか?
それとも選手が自由にやっているのでしょうか?
気になる所ですが、カイサラ選手とナウド選手が右サイドで並ぶのは、今の所あまり得策ではないようです。

しかし、ベニーさんが右CBに戻ってきたらカイサラ選手でも少しはマシになると思いますし、ウシーさんやリーター選手だったらナウド選手でも上手く連携をとっていけると思います。



何が言いたいかって?



ベニーさんとウシーさんの右サイドが見たい!!!(切望)







人気ブログランキングへ


このブログ内でのオリジナル画像及び文章の無断での転載・盗用は一切禁止です。


続けてお勧めの記事
【テストマッチ】前半は攻撃的、後半は無難に

ロバが勝手に思い描くノイアー像



sirokuma1420 at 23:00|Permalink

2016年06月08日

面白い試合だったけど…相変わらずだなと


コラシナツ選手が怪我で出場していないのが残念!
怪我の詳細が気になりますね。

出かけていて途中から試合を見ましたが、録画を見直すと、まあ日本の弱い所が全て出ていましたね。
でも見ている方は、手に汗に握るとっても面白い試合でした。
(こんな試合こそ本田選手が必要だったのかな…)


裏抜けさせるパスを出すのはいいけど、そのパススピードじゃオフになるだろ→案の定
特にCBとボランチのパススピードと強さに物足りなさを感じました。
あと、攻撃時は真ん中ばかりに集中しないでサイドを見たらいいのに…と。

しかし、一番の問題はDFですよ。
CBの足の遅さ。
なのになんでアホみたいに上がるんだろう…(セットプレー以外で誰もCBに得点なんて求めてませんから…それに伴う失点の方がリスクが大きいですし)
左サイドの守備も相変わらずグダグダでした。

DFの選手は1得点するよりも1失点しない事の大切さをもっと心に浸み込ませないと。
先日のブルガリア戦もあってか、攻撃と守備の比重がおかしくなっていましたね。

職人気質の堅実なCBがいないものか…(ベニーさんではなく、ナスタシッチ成分が欲しい…)
いっその事、同じ失敗をするのならば、CBはもっと若い選手に経験を積ました方が未来が明るいのではないでしょうか?と思わずにはいられない。




しかし何故この試合が面白かったかというと、相手はガツガツと割りと本気で来てくれたし、日本も最後まで諦めずに攻撃を仕掛けていたから、目の離せない面白い試合になったのだと思います。
ぬるい勝ち試合を見るよりも、こちらの方が純粋にサッカーとして面白い。
審判も思いっきりアウェーでしたし(笑)


ぬるい試合に勝って変な自信をつけたまま最終予選に臨むよりも良かったのではないかと思います。









人気ブログランキングへ



このブログ内でのオリジナル画像及び文章の無断での転載・盗用は一切禁止です。


続けておススメの記事
これ言ったの誰だろう?→「ドイツにも日本人のトレーナーがいてくれたらいいのに」
しれっと言ってますけど…


sirokuma1420 at 12:26|Permalink

2015年10月26日

ヤケ酒を飲みながら


なんじゃこりゃ…

もう、こんな時は飲むしかありませんよ!
飲めないけど自棄酒ですよ!

まず、審判が試合を壊しましたね。
あんなのでPKとるなんて…

でもラルフさんがせっかく止めたのに、ベニーさんしか反応してないのはどうして?
つい最近、同じような場面を別のチームで見たぞ。


これは故意ではないのは分かるのですが、相手選手がとっても痛そうでした。大きな怪我でないといいですが。
ガイス選手は何試合出場停止になるのでしょうか?
ボランチがただでさえ足りないのに、これはきついです。



カイサラさんは結局SHでしたが、右SBの時よりも生き生きして見えました。
でも、あんまりSHで使うとSBでのプレーにまで影響が出そうなので、ほどほどにして下さいね。という感じでした。

右SBを2人いっぺんに使うとは、なんと無駄遣いな…と思ったのですが、それだけサイドアタッカーが不足していたのですね。(次の試合はどうするの?)
そんな事より、私は早く2トップをやめて1トップに戻すべきだと思いますがね。
2トップだとサイドの選手の位置が低すぎて、全然攻撃に繋がっていないような気がします。
前からのプレスも2人いるとどっちつかずになるし。


それにしても守備は一体どうなっているんですかね。
見ていて絶望しか感じません。
マーク外しっぱなしだし、相手との距離感も悪いし。

ボランチも特にホイビュルク選手はパスを手近な選手ばかりに渡してロストに繋がりピンチになっていました。全試合にも思ったのですが、もう少しダイナミックな展開が必要です。
守備でも真ん中がスカスカでした。

こんなんじゃダービーで勝てないぞ!と隣町の試合展開とシャルケを比べて思うのでした。
今のシャルケには、展開のダイナミックさと見ていてワクワクするプレーが少ないです。
守備も悪いし。



やっぱり最後に思う事。


シャルケには、ウシーさんがやっぱり必要ですわ…





人気ブログランキングへ


このブログ内でのオリジナル画像及び文章の無断での転載・盗用は一切禁止です。




sirokuma1420 at 04:14|Permalink

2015年09月30日

ベニーさんとマティプさんの位置について悩む




ベニーさんがスタメンに戻ってきたら、右CBはいったい誰になるのでしょうか?
マルコさんが離脱となると、現在左CBの位置にいるロマンさんは本職のボランチとして使われる可能性もあります。


アンドレさんはどう考えいているのか分かりませんが、ベニーさんは右CBがベストポジションだと思うのです。
しかし、右CBには絶好調のマティプさんがいます。
アンドレ
内容はどうあれ、無失点の試合が続いています(シャルケとしては奇跡的)。
監督はそんな時って、TOは別にして守備陣をいじったりはしたくないと思うのです。
ですからマティプさんは右CBでベニーさんがが左CBになる可能性もあるわけですよね?

しかし、試合を見ているとマティプさんとカイサラさんの相性は決して良くはないと思うのです。
マティプさんはもう少しカイサラさんをコントロールする必要があると思うし、カイサラさんもマティプさんに守備の負担をかけてはいけません。

そんなカイサラさんにもってこいの人物はベニーさんだと思うのです。
ベニーさんはかなりガンガンSBに要求しますので、カイサラさんもマティプさんと組むよりは守備の仕組みが分かりやすいと思うのです。
最初ドイツ語が分からないウシーさんにもベニーさんが丁寧に教えてくれたから、今があるのです。

それにウシーさんは比較的誰と組んでも上手くやっていますが、ベニーさんが後ろにいた方が守備もそうですけど、攻撃にも安心して上がっているように見えます。
過去にサンタナさんを振り切って守備に戻るウシーさんを何度見た事か(笑)


マティプさんも左にいる時の方がフィードも左右に振れていると思います。
最近は左で組み立てる事が多いので、組み立ても出来るマティプさんの長所が生かせると思うのです。


アンドレさんはどう考えているか分かりませんが、左CBにマティプさん右CBにベニーさんがベストだと思うんですがね。
ラルフさんの活躍で、守備の脆さに焦点があてられてないだけだと思うのですが、これから先上位チームと対戦するにあたって守備のほころびを修繕しておかないと、守備崩壊が起こってしまいそうで恐ろしいのですが…(心配しているのはロバだけでしょうか?無失点で勝っているのに悲観的になりすぎ?)





人気ブログランキングへ


このブログ内でのオリジナル画像及び文章の無断での転載・盗用は一切禁止です。

続けておススメの記事

お笑い守備vsお笑い攻撃

【名言集】シュツットガルト戦 試合後のコメント





sirokuma1420 at 02:11|Permalink

2015年07月12日

ベニーさんはアクアジョグ



湖でアクアジョグですか!
リハビリ頑張ってくださいね。
シャルケの選手は水に入るときも練習用のハーフパンツですね。
昔は湖でみんな泳いでましたね(懐かしい…)


そんなベニーさんの記事がUPされていました。

抜粋

それではあなたの話題に入りましょう。足の調子はどうですか?

ミュラー・ヴォールファールト医師の最終検査の結果は問題なかった。でも、ピッチで練習に合流するまではもう少し時間がかかるよ。左足首の靭帯結 合部の怪我の他にも、内側側副靭帯もほぼ完全に断裂していた。それが最も大きな怪我だったね。長期離脱のせいで左足の筋肉をかなり失った。ジムで鍛たり、 アクアジョギングに精を出すしかなかったからね。でも、ヴェルター湖でアクアジョギングをすることに勝るものはないよ。


やはり、筋力が落ちているようですね。
それにしても、これを読むとベニーさんも相当重症ですよね。


いつ頃復帰できるか具体的な時期は分かりますか?最初の公式戦となるDFBポカールのMSVデュイスブルク戦とか。

いや、具体的な時期は分からないな。試合に出場するためには、まず肉体的な基盤とリズムを取り戻すことが必要になる。シーズンが始まる2日前に チームに合流して、『帰ってきたよ』なんて言うことはできない。今一番大事なのは、毎日足の反応を見て、痛みに合った負荷をかけていくこと。


確かに筋肉がついたからといって、リハビリで付けた筋肉を実戦で使えるようにする為には暫く時間が必要ですよね。
ウシーさんよりは復帰は早いと思いますが、気長に待つしかないのでしょうね。
ウシーさんがシャルケに戻ったら、同じ様にインタビューしてほしいです。
具体的な復帰時期とかは言えないにしても、本人のコメントを聞けるだけでも嬉しいんですが…公式さん是非お願いします。たぶんみんな餓えています。

この二人が戻らないと、シャルケの守備が凄く心配ですが…
フリードリヒ選手が思いのほか落ち着いたプレーをしていて、それが今のところ唯一の希望でしょうか。
背も高いし、まだ体の線は細いですがきっと数年で見違えるような体型になるはず。
ユリアンさんもオフの短い期間で、体を作り上げてきましたね。体の厚みが増していて吃驚しました。
ロマンさんもちょっと筋肉がついていました(落ちるな筋肉)


後の希望はレロイ君とマイヤー君とガイスさんの若い選手がチームに加わり、攻撃に変化をもたらしてくれる事ですね。



人気ブログランキングへ

このブログ内でのオリジナル画像及び文章の無断での転載・盗用は一切禁止です。

続けておススメの記事






sirokuma1420 at 10:11|Permalink