レアンドロ

2019年03月18日

この試合の勝ちは大きい!









ここからはゲームの流れに沿いながら。
秋に見た時とはまるで別人。
鈴木選手を参考にオフに身体を絞ったという記事を見ましたが、実際に見ると全然違った。
ゴールを間に挟んでロングボールのパス交換をしていました。


そして試合開始。

1FCBFDEC-7770-4F33-A1B6-5E2C1DB8054E

D1CC362A-F27F-448E-A99E-00284806FC01

実際にはもっとガッツリ抱きついてました。
スンテ兄さんの笑顔が素敵です。



常にウシーさんがサイドの選手2人を見ていたので、レアンドロは後ろを向かなくてすむ。
高い位置をとることで札幌の左サイドが守備にまわされ(それもちびっ子2人)、レアンドロが水を得た魚の様に生き生きとしていました。
高い位置でのスライディングを一度交わされましたが
あれがあることでチャナティップが接触を避けて距離を置くようになりました。
ああいう初めにガツンといくのは流石だなと思いました。

真ん中のスペースがぽかーんと空いていました。
そこをレオシルバが無双。

前に推進力のある右サイドって素敵。

自分がボールを持った時はまず、左サイドをみてポジション修正をしていました。

札幌はあまりガツガツしていない印象。


ずっと手を上げて選手達に指示を送っていました。


斜めに走ってボールが漏れてきた所をケアする。
謎のボールキープ力もインターセプトの素晴らしさも、この試合では輝いていた。

失点してからはちょっとだけドキドキする場面もありましたが、勝つべくして勝ちました。








試合後
DAC030B7-7D3A-434F-9D98-9131B1CE3DED
もうこの仕草はクセになっているのか。
軸足だからね、常に張りがあるのかもね…

ボールキープしたがるチームは鹿島にとってお得意様ですね。

もうこれは間違いない。
監督よりも経験豊富だし。

ますます成長して大物になってほしいです。

これか~岡田監督とかが言ってた事って。




安西選手と安部選手については、また分けてブログに書こうかな。






今回の試合を生で見て思った事の総括

レアンドロと内田のコンビは素晴らしい!
翔さんヤバイ
スンテ兄さんの狙い澄まされた縦ポン
キャプテンにリモートコントロールされる安西
レオシルバにマティプを感じた



特に面白かったのは翔さんとウシーさんの共通点。
二人ともゴール前でも力まないからトラップが素晴らしい
(翔さんは敵陣、ウシーさんは自陣)
ウシーさんがいない前の試合と違って、前と後ろでの共通認識が出来ているので、攻撃も守備も流れるようにスムーズでした。
まるで一貫した戦術があるクラブみたいじゃないか!?

翔さんは後ろに目が付いているのかと思うほど前を向いたままでも全体が見えている。
そして決してサイドに掃けたりしないので得点に繋がる事が多いのかなと。
ウシーさんはボールを持ったら一番遠いサイドを見ることを徹底しているんだなと再認識。
(本当は安部選手の動きがポイントになってくるんです)















おまけ
おっさん尻フェチなんです。

とても三十路には見えない…

B882729D-98EE-4610-8B7E-614B7E15DD80
今日も闘将という言葉が相応しい戦い振りだったのですが…
気が抜けると内股にw




兎に角、生でピッチに立っているウシーさんが観れて良かった!
そして、試合に勝てて良かった!











人気ブログランキングへ



このブログ内でのオリジナル画像及び文章の無断での転載・盗用は一切禁止です。




 

sirokuma1420 at 11:11|Permalink