リハビリ

2016年05月24日

ハリルさんってここら辺はシビアです


濃紺の練習着が似合ってますね。(新しいシャルケの練習着もこんな感じだったらいいな…)

【一部抜粋】
 一方、負傷からの復帰を目指しているDF内田篤人(シャルケ)、MF山口蛍(ハノーファー)、FW武藤嘉紀(マインツ)の3人は29日までの事前合宿の み参加し、キリン杯には招集しない。指揮官は「彼らを呼んだのはA代表でやってほしいから。ケガの状態を直接見たいと思って呼んだ。グループに加わること で良い雰囲気になるし、彼らもグループに戻ってきた喜びを表している」と、その狙いを語った。

 ハリルジャパンの初陣となった昨年3月の代表合宿以降、ケガのため日本代表から遠ざかっている内田に対する期待の大きさもうかがえる。昨年6月に右膝膝 蓋腱の手術を受けたが、今シーズン中の復帰は果たせず、全公式戦を欠場。ハリルホジッチ監督は「我慢しないといけない時期。ゲームに戻るまで、まだまだ時 間がかかる」と見通しを語った。

元気づけるために、励ますために呼んだ。難しい手術をして、今リハビリをしている。元の状態に戻るにはかなり多くの時間をかけないといけない」。別メ ニューで調整したこの日、ピッチの縦幅をスプリントするシーンもあったが、「良いフォームではなかった」と指摘した指揮官。「我々と一緒に楽しみながら練 習してほしい」と、今回の事前合宿が気分転換になることに期待していた。
別メニューをこなした3人については、キリン杯には召集しないとはっきり言っているので、安心しました。
昨日まで一緒だったメンバーが数名合宿に参加していませんが、怪我人は参加させるのですね。
ハリルさんの頭の中でだいたいチームの構想が決まってきたからなのでしょうが、構想外の選手は声も掛けないあたりシビアですね。

ウシーさんもまだまだ復帰まで時間がかかりそうですが、ハリルさんのこれからの構想の中に入っているので、今までもコンタクトをとったり、今回も合宿に呼んだりしているのでしょう。(去年の3月の親善試合で無理させたという責任感もあると思います)

ハリルさんは頭の中で考えている事をはっきり口に出すタイプなので、見ているこちらもストレスが掛かりません。
今回も、何も説明がなかったら「何でリハビリ中の選手をわざわざ呼ぶのだろう?」とかモヤモヤした気持ちになっていたでしょうが、呼んだ理由をちゃんと説明してくれるので気持ちの整理がつきます。


「内田も合宿に参加」という一報を見た時は吃驚しましたが、必要以上に無理をさせない方針の様なので良かった良かった。
そして、ハリルさんは選手の精神面のケアもちゃんと考えているようなので、岡田さんやザックさんの時みたいに、無理に無理を重ねる事にはならないだろうと思ってます。


まだちょっと走っているだけみたいですし、ハイデルさんの言うように「6月に合流期待」という状況にどう進んでいくのかまだちょっと分りませんが(チームに合流しても別メニューの可能性も充分ありますね)、今度こそは順調にことが進んでいけばいいなと祈るばかりです。







人気ブログランキングへ



このブログ内でのオリジナル画像及び文章の無断での転載・盗用は一切禁止です。


続けておススメの記事

ウシーさんと日本代表

結局すべて含めて内田篤人なんだな…と

SDが代わるとクラブの見解も180度変わりますね



sirokuma1420 at 22:13|Permalink

2016年05月16日

ロータス


<注意>ロバの勝手な見解です。嫌な人はスルーして下さい。



現在最も知りたい事といえば、ウシーさんの膝の状態です。




↑↑↑のインタビューで
「とにかく焦っちゃだめだと。また痛くなったら、再び半年単位で時間がかかってしまう。」


とウシーさんが言っていたのですが、今の状態はまさしくその状態なのではないかと思います。
報知の記事にも7月中にチーム合流を目指すとありました。
2,3,4,5,6,7
と、ちょうど日本でリハビリを始めて合流目標まで半年です。

ドイツで書かれた記事をみても、相当痛みがあって帰国に至ったようですし、やっぱりシャルケの全体練習復帰あたりで、膝に負担が掛かってしまったのでしょうね。



昨日から、ハイデル体制がスタートしました。ハイデルさんは、合流する前に本人と直接会って膝の状態をヒアリングして、これからの事を決定していくはずです。

果たして、内田篤人はシーズンを通して戦力となるのか?

1シーズン戦える状態に回復する事が、ウシーさんに求められる最低限の条件ではないでしょうか?
もし条件を満たせなくてもどこか買い手があれば、移籍の可能性もありますが、1シーズン出場を見通せない選手を買うチームが果たしてあるのかは疑問です。(サム選手の例もありますし…)

それが出来なければ、カイサラさん1人になってしまうので、リーター選手と契約延長するか、どこからか新しい右SBを見つけてこなければいけません。


来季の構想に入るためには、7月には何としてもチームに合流してキャンプに参加したいところです。
クラブとしても、悠長には待ってはくれないと思います。

ウシーさんとシャルケとの契約は2018年の6月30日までの、あと2年。
今年はEL、そして最後の一年はCLに出場して結果を残したい、と考えたら何としても試合に出たいですよね。




話が最初に戻るのですが、ウシーさんの膝の状態です。

手術する前より痛があるのか?
手術する前より痛みが和らいでいるのか?


手術する前は膝の曲げ伸ばしが思うように出来ない上に、痛み止めを飲みながら試合に出場していました。

手術後のいくつかのインタビューを見ると、膝の曲げ伸ばしは以前より出来るようになったようですが、痛みはあるようです。
その痛みがどのくらいの強さなのか?というのが気になります。

まさか今の状態で痛み止めを飲みながらリハビリを行なっているとは考えられないので、現段階では手術前よりも痛みは少ないのではないでしょうか。
それこそ、全体練習も試合もやってないのに、手術前よりも痛みが強いのならば、何の為に手術したの?ってなってしまいますよね。


14-15シーズンは、膝の痛みと戦いながらも、試合に出ればちゃんと結果を残してきました。ウシーさんが出てない時と出ている時の成績を見たら一目両全です。
しかし、痛み止めを飲み続けながらの状態で、無理してサッカーを続けても、結局1シーズンも持たないわけです。


ウシーさんの性格上、7月は分かりませんが、なんとか開幕前までには試合に出場できる状態にまで仕上げてくると思います。
しかし、ウシーさんの場合は痛みを我慢してだましだましやっても、いざ試合になるとそれなりにこなしてしまうので、「あれ?全然大丈夫じゃん!」と、周りが思ってしまうところが落とし穴でもあります。

そうならない為にも、痛み止めなしでも何とか1シーズンやり通せる所まで膝の状態が回復している事を祈ります。
手術して、リハビリに慎重になっているのも、手術する前の14-15シーズンの状態にならない為の予防策であることを願います。




最終的に手術を決断したのはウシーさん本人。
執刀医はウシーさんの信頼するドクターです。

「引退の危機」など変な記事を書いて外野は騒いでいますが、このまま本当に引退なんて話になったら、「やっぱりあの手術は失敗だったんじゃないの?」と言われかねません。執刀医にも批判の矛先が向けられるかもしれません。
ウシーさんの性格上、最もそういう事を嫌いそうなので、必ず復帰して活躍やるっ!!!という思いが復帰への強いモチベーションになっていると思うのです。

先ほどのサカダイのインタビューの中で
「ドイツ代表のドクターでウサイン・ボルトやマイケル・ジョーダンなどを診たことがある名医にも手術を反対されたけど、最後は押し切りました。かなりわがままだったと思う。」
とあるように、意外と頑固な部分もあります。

どんな権威のある人に何と言われ様とも、自分が信頼する人にだけ身を委ねる。
これは傍から見ていると、一種の危うさを感じずにはいられませんが、そこがウシーさんの人間的な魅力でもあります。

ここまできたのなら、後悔のない様にとことん我を貫いて下さい。



ブラジルW杯を思い出すと、胸の中が掻き毟られるようなムシャクシャした思いになります。
ホント…子どもじみて馬鹿みたいですけど…
未だにA代表の試合を穏やかな気持ちで観る事が出来ません。

ウシーさんの口から「努力は報われなかった」とか言う言葉は二度と聞きたくありません。
シャルケでも日本代表でも、いっつも泥にまみれて頑張って来たんです

今季は、まるで土の中で冬眠でもしているかの様に、リハビリに専念して、表舞台には顔を見せませんでした。






a0960_006807


蓮は泥より出でて泥に染まらず


泥の中から清らかな蓮の華が咲くように、
怪我という泥沼から抜け出して華麗に復帰する姿が見たいです。








人気ブログランキングへ



このブログ内でのオリジナル画像及び文章の無断での転載・盗用は一切禁止です。


続けておススメの記事

ウシーさんを抱っこしたし担いだりする事について



sirokuma1420 at 18:45|Permalink

2016年04月30日

生存確認


ツイッター上で発見!
ウシーさんの最新画像。

武藤選手と一緒にJISSでリハビリをしている様ですね。
髪の毛の色には笑ったけど、元気そうでなによりです。

クライミングをしている場面は、武藤選手がお兄さんに見えるという…(笑)
(武藤選手の安心感)
トレーニングウェアですが、ベージュ系の色を着ているのも珍しい(意外と似合う)。
きっと金髪に合わせたんでしょう。



あの肌の色から推測するに、まだ外ではトレーニングしていない様ですね。
今回慎重にリハビリしているのが窺えます。
【抜粋】
「10周年おめでとうございます。高校サッカー出身者としては、夏のインターハイや冬の選手権などもしっかり取り上げてくれるのがうれしいですね。是非、今後も長く日本サッカーを盛り上げていってください。20周年のお祝いコメントも依頼していただけるよう(笑)、僕も頑張ります
このコメントがどこまで本気か分りませんが、ちゃんと怪我を治して、出来るだけ長く選手として頑張ろうという意気込みは伝わってきます。
(クルム伊達さんもJISSに居たようですし、ウシーさんにとってはとっても意味のある濃密な時間を過ごしているに違いない!)


やはり、ドイツで孤独にリハビリするよりも、日本で普段は一緒になる事もない色々な競技のアスリート達とリハビリした方が、いい刺激になると思います。

頑張れ!ウシーさん!









人気ブログランキングへ



このブログ内でのオリジナル画像及び文章の無断での転載・盗用は一切禁止です。


続けておススメの記事
【スタメン発表!】今日こそ勝つぞ!
もうそろそろ…



sirokuma1420 at 22:23|Permalink

2016年04月15日

結局すべて含めて内田篤人なんだな…と


WAZでウシーさんの記事が。
痛たみについての事や、色々心配になるような事も書いてありますが、結局日本に帰国する前の状態しか分りません。
新しく分った事といえば、来季の開幕に照準を合わせている事でしょうか。




大切なことは、今ウシーさんがどういう状況にあるかという事です。
1~10までの痛みで全体練習に参加した後が10だったとしても、今現在どのくらいの痛さになっているのかの方が重要です。


クラブとの関係も、まずはウシーさんが復帰することの方が重要です。
アンドレさんが来季の構想にウシーさんを入れてないとしても、全く気にしな~い。
だって、ハイデルさんの構想にアンドレさんが入っていない可能性の方が高いじゃないですか。



シャルケからしたらドイツ代表医が勧める保存療法を蹴って手術を選択したことや、W杯前の怪我にしても色々ありましたしね。
W杯前に手術を選択せず、W杯に無理して出場した事が原因で膝蓋腱炎になった事も、ウシーさんの判断した結果です。
W杯メンバーを「一緒に死ねる23人」とウシーさんが言っているのは、選手生命を掛けてW杯に挑んでいたからでしょう。



試合前から武者震いして涙していた事がシャルケの試合でありましたか?
それくらい特別な気持ちで臨んでいたんだと思います。







ウシーさんファンの知人()と、この事について話したのですが、その知人は武藤選手のドイツでのリハビリについてのインタビューを読んで、ドイツのリハビリの進め方は日本人にはあっていないのではないか?と思ったそうです。
ウシーさんも日本で手術したんだし、手術を反対していたシャルケでリハビリするよりも、執刀医の下でリハビリした方が安心ですよね。
そして、その知人はこんな事も言っていました。
「プロの選手は試合に出たいのは当たり前だし、だから無理する気持ちも分る。礼儀正しいとか多少無理しても我慢するのが内田の良さなのかもしれないけど、それが邪魔をしている時があるよね。これを美徳とする風潮もどうなのかと思う。周りに止める人はいないのか?」

確かにおっしゃる通りです。


ロバも、「あそこで無理しなければ」とか「なんでそんなに痛みを我慢してたの」とヤキモキした気持ちにもなりましたが、それを全部含めてウシーさんだし、自分の意志で判断しているんだったら、外野がどうこう言うものでもないよな……と思います。

今の状態が一番辛いのはウシーさんです。






とりあえず今は、待つしかないのかな。











人気ブログランキングへ




このブログ内でのオリジナル画像及び文章の無断での転載・盗用は一切禁止です。


続けておススメの記事
一年前を振り返って思う事
ウシーさんの神秘(精神編



sirokuma1420 at 14:19|Permalink

2016年04月13日

ウシーさんと日本代表


W杯最終予選の組み合わせが決定しました。



グループA
抽選1

グループB
抽選2


色々な意味で日本はグループBでよかったと思います。
しかし、Aグループの戦いからも目が離せません。(因縁の戦いもあるし(笑))


青(H)赤(A)

【2016年】
       9月1日 日本vsUAE
       
9月6日 タイvs日本       

       10月6日 日本vsイラク
       10月11日 オーストラリアvs日本

       11月15日 日本vsサウジアラビア


【2017年】
       3月23日 UAEvs日本
       3月28日 日本vsタイ

       6月13日 イラクvs日本

       8月31日 日本vsオーストラリア
       9月5日 サウジアラビアvs日本





これに加え
6月3日、7日にはキリンカップも開催されます。

こうやって見ると、移動も多いし代表戦は中々ハードなスケジュールですね。








さて、ここからが問題なのですが

今後、ウシーさんと日本代表の関わりはどうなるのでしょうか?


news_160032_1


現在日本でリハビリ中のウシーさんですけど、わざわざ日本代表のスタッフと一緒にリハビリを行なうあたり、ハリルさんもまだウシーさんの代表入りを諦めていないのでしょう。
復帰が難しく、代表入りに見切りをつけていたら、JISSでリハビリをしたとしても、日本代表のスタッフを付けたりしないと思います。

そこら辺は、結構シビアだと思うんです。
ブラジルW杯が終わって、ウシーさんが代表引退を匂わせた発言をした時は、W杯で無理した事が原因で膝に炎症がおこっていても、そのままクラブに返していましたし。
あの時ちゃんと早めにケアしていたらこんな事態にもなっていなかったかも…と思うと。JFAに対して複雑な感情しか持てません。





今、一つ心配している事があるとすれば……ブラジルW杯の時とちょっと似ている事でしょうか。



あの時も、最初は今期中の実戦復帰が出来たら代表メンバーに選ばれる可能性がある!という事で、ちょうど今の季節に個人トレーニングを頑張っていましたよね?
しかし、思ったより復帰に時間がかかり、とうとう全体練習に復帰する前にシーズンが終わってしまいました。
しかしザックさんは、全体練習にも復帰していないままウシーさんをW杯メンバーに選び、発表の中継で名前が呼ばれた時は感動しました。(この時は…素直に嬉しかったです)

□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□

【2014年】
2月 怪我
     ↓
    国内でリハビリ
     ↓
3月 シャルケでリハビリ
     ↓
4月 個人トレーニング
     ↓
5月 全体練習に戻れないままシーズン終了
     ↓
    帰国
     ↓
    ブラジルW杯のメンバーに選ばれる
     ↓
    国内でトレーニング
     ↓
    日本代表国内合宿参加
     
    (略)
     
6月 ブラジルW杯

□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□



現在のままだと、まだ日本にいるので今季の実戦復帰は難しいでしょう。
今季中に全体練習に戻れるかどうかも怪しいです。
しかし、本人はきっと全体練習に戻ることを目指して、今も頑張っていると思います。

この今の状態が、W杯前の状況をどうしても思い出してしまうのです。


ハリルさんはクラブで試合に出ていない選手は呼ばないと豪語していますから、6月のキリンカップはウシーさんが呼ばれる可能性はゼロだと確信していますが、


日本代表のスタッフが付きっ切りでリハビリして
シャルケで今季中になんとか全体練習に復帰させ
    ↓
「内田、全体練習に完全復帰!」とかいう名目をつける(スポニチさんあたりが率先して記事をにする)
    ↓
シーズンが終わり日本に帰国
    ↓
「現在どの様な状態なのか直に練習を見て確かめたたい」とかハリルさんが言って
    ↓
キリンカップ直前の合宿に参加
    ↓
気が付いたらキリンカップでベンチに座ってた!?
    ↓
気が付いたら試合に出てた!?





とかならないないよね?と内心、心配しています。
(ロバがこんな事を書いた時はかなりの確率で外れるので厄除けで書きました。)

ハリルさんは自分が言った通りに、クラブで試合に出ていない選手は代表に呼ばないで頂きたい。





10505174_323587904493686_5609054541625119364_o

ロバは同じ青でも、ケーニヒスブラウのユニフォームを身に着けてサッカーをしているウシーさんが見たいです。




ウシーさんの膝の状況は、未だに日本でリハビリを続けているという以外、何も分らない状態です。
無事に復帰できたとしても、どこまで活躍できるのかは、まだ未知数です。

まずはクラブで試合に出て、試合勘を取り戻して、またウシーさんらしいプレーが見たいです。
ウシーさんの膝がどのくらいの過密に耐えられるのかも不透明ですし、様子を見ながら徐々に馴らしていくしかないですよね……。(来季のCL・ELはどうなるんでしょう?有る無しでは試合数もかなり違ってきますし)


そう思うと、年内の代表復帰は中々ハードなスケジュールになりますよね。


【2016年】
       9月1日 日本vsUAE
       
9月6日 タイvs日本       

       10月6日 日本vsイラク
       10月11日 オーストラリアvs日本

       11月15日 日本vsサウジアラビア





ウシーさん本人はどう思っているのか分りませんが、今年いっぱいはクラブに集中したらいいのでは?と思ってしまします。
(順調に試合に出始めたら、お呼びが掛かるとは思いますが。JFAはその為にウシーさんの復帰に力を注いでいるのでしょうし…)



しかし、外野が何を言おうが関係ないですね……。

もしかしたら、本人も代表戦をやる気満々かもしれませんし。
後は、ウシーさんのやりたい事が出来るだけ叶えばいいなと願うだけです。











人気ブログランキングへ


このブログ内でのオリジナル画像及び文章の無断での転載・盗用は一切禁止です。


続けておススメの記事

一年前を振り返って思う事






続きを読む

sirokuma1420 at 03:28|Permalink