ミラン

2015年04月26日

ミランもシャルケも…





キャンプ情報が、日本語で詳細が上がって来ましたね。

ミランに続きシャルケまで…不振脱出へ修道院での緊急合宿を決行

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150426-00306459-soccerk-socc

ドルトムントもハノーファーも以前に緊急合宿を同じ施設で行っているのですね。


地元紙『Westdeutsche Allgemeine』によると、選手に1人部屋はなく、同部屋の相手も選べないという。

 ディ・マッテオ監督とともに、今回のミニキャンプ強行を決めたというヘルト氏。「参加したくない者は26日までに申告すればい。一緒に来る必要はない」と言い、不振脱出に「闘志なき者は去れ」の強硬な姿勢で臨んでいる。


記事を読んでいくとヘルト氏は監督を擁護して、選手に責任がある様なことを言っていますね。(マテオ監督を切ったら自分の首も危ないもんね)
そして上の太字部分、チーム内の雰囲気が悪い事が窺えますね。
「同部屋の相手も選べない」とか「参加したくない者は…一緒に来る必要はない」とか…
まるで、チーム内に大きな溝でも出来ているような言い方をしているように感じました。
というか、本当に来ない選手が居たらその選手は移籍するって事?
何か最近、選手達にもやる気を感じないんですよね。
モチベーションを保つのも大変そうです。



昨季までシャルケに在籍していたヒルデブラントさんが自分のFBで

「監督に対する評価に疑問を感じることが多い。1人(イェンス・ケラー)は過去最高成績となる後半戦だった。別の1人(ディ・マッテオ)は過去15年で最 低成績だ。ケラーは些細なことまで批判され、ディ・マッテオは議論の対象になることすらない。どうして、そうなるのか? いずれにせよ、シャルカーがヨーロッパリーグ出場権を手にできるよう願っているよ!」とシャルケを案じつつ、結果と一致しない評価に対する疑問を発信して いる。


今回、マスコミ側からマテオ監督に対しての批判があまり出ない事に対してチクッと言ってますね。
確かにケラーさんの時はもっと大騒ぎしていたような記憶があります。
ヘルト氏は何とかシャルカー達(サポーターの方)の怒りの矛先が自分に向かってくるのを避けたいようですが、次の試合はホーム戦という事もあり、また一波乱ありそうですね。

それにしても、ウシーさんはこのキャンプに参加するのでしょうか?
ヘルトさんの言い方だと全員参加っぽいんですが(監視のため)…施設が整っていればリハビリもできますしね…どうなんでしょう?


しかし、ミランといいシャルケといい、笑えないこの状態…なんとかなってほしいです。


人気ブログランキングへ

このブログ内でのオリジナル画像及び文章の無断での転載・盗用は一切禁止です。

続けておススメの記事
緊急合宿!




sirokuma1420 at 22:49|Permalink