ボスニア・ヘルツェゴビナ

2016年06月08日

面白い試合だったけど…相変わらずだなと


コラシナツ選手が怪我で出場していないのが残念!
怪我の詳細が気になりますね。

出かけていて途中から試合を見ましたが、録画を見直すと、まあ日本の弱い所が全て出ていましたね。
でも見ている方は、手に汗に握るとっても面白い試合でした。
(こんな試合こそ本田選手が必要だったのかな…)


裏抜けさせるパスを出すのはいいけど、そのパススピードじゃオフになるだろ→案の定
特にCBとボランチのパススピードと強さに物足りなさを感じました。
あと、攻撃時は真ん中ばかりに集中しないでサイドを見たらいいのに…と。

しかし、一番の問題はDFですよ。
CBの足の遅さ。
なのになんでアホみたいに上がるんだろう…(セットプレー以外で誰もCBに得点なんて求めてませんから…それに伴う失点の方がリスクが大きいですし)
左サイドの守備も相変わらずグダグダでした。

DFの選手は1得点するよりも1失点しない事の大切さをもっと心に浸み込ませないと。
先日のブルガリア戦もあってか、攻撃と守備の比重がおかしくなっていましたね。

職人気質の堅実なCBがいないものか…(ベニーさんではなく、ナスタシッチ成分が欲しい…)
いっその事、同じ失敗をするのならば、CBはもっと若い選手に経験を積ました方が未来が明るいのではないでしょうか?と思わずにはいられない。




しかし何故この試合が面白かったかというと、相手はガツガツと割りと本気で来てくれたし、日本も最後まで諦めずに攻撃を仕掛けていたから、目の離せない面白い試合になったのだと思います。
ぬるい勝ち試合を見るよりも、こちらの方が純粋にサッカーとして面白い。
審判も思いっきりアウェーでしたし(笑)


ぬるい試合に勝って変な自信をつけたまま最終予選に臨むよりも良かったのではないかと思います。









人気ブログランキングへ



このブログ内でのオリジナル画像及び文章の無断での転載・盗用は一切禁止です。


続けておススメの記事
これ言ったの誰だろう?→「ドイツにも日本人のトレーナーがいてくれたらいいのに」
しれっと言ってますけど…


sirokuma1420 at 12:26|Permalink