ハリル

2016年12月11日

ミニゲームの感想とかgoingを見て思ったこととか


9日の練習動画の続編でミニゲーム
短い動画なのですが中々ハードな内容です。
行ったり来たりで見ているこちらまで疲れてくる。

チュポ選手が溜めてパスを出す
 ↓
ウシーさんがファーにクロスを上げる
 ↓
マイヤー君がボレーシュートする

この一連の攻撃が見ごたえがありました。
ウシーさんのスピードも戻ってきたようで、これから楽しみです。
守備の面でもサム選手を上手く抑えていますし、クリアしたボールもチュポ選手に上手く繋がっています。


これだけ見ていると "今夜ベンチ入りするのでは!?" なんて色々と期待してしまいますが、焦りは禁物ですね。




さてさて

昨夜のgoingの特集でウシーさんの復帰戦が取り上げられていましたが、"舞台裏にある人物"とあったので鹿島の塙さんか個人トレーナーでも出てくるのではないかとドキドキしていたのですが、まさかのハリルさん。

このブログでも5月の海外組合宿が行われる前後の事を書いていますが、ハリルさんがウシーさん復帰への重要なキーマンの一人であることは間違いありません。

左手首を見て思うこと

ウシーさんを気分転換に連れ出したのは…


番組でハリルさんがウシーさんを弄っている微笑ましい場面をみても、精神的に一番キツイ状態のウシーさんをどうにか元気付けようとしていたんだな~と思うと、ちょと胸が痛くなりました。


しかしgoingさん、まだ90分公式戦に出場したわけでもないのに代表について監督や本人からコメントをとるって何か時期尚早じゃないですかね?
まだ他の日本代表のライバル選手達と同じスタートラインにも立っていない状態です。
他の選手に対してもリスペクトが足りないんじゃないかな?と思いました。

まずはシャルケで90分戦えるようになってスタメンを取り戻してから、代表復帰の話が出てくるくらいでいいのではないでしょうか?







人気ブログランキングへ


このブログ内でのオリジナル画像及び文章の無断での転載・盗用は一切禁止です。

続けてお勧めの記事
【練習動画】試合後も問題無さそうですね
mechanical animals












sirokuma1420 at 23:23|Permalink

2016年08月30日

最近ちらほらと日本代表の選手たちがウシーさんの名前をあげていますが


長谷部さんは日本代表キャプテンとしての任務を無事に果たされたようですね(笑)

【一部抜粋】

また、黒柳は長谷部に対して「ハンサム」と連呼。「ハンサムと言われることについては?」と黒柳が投げかけると、長谷部は「サッカー選手見ていただければ 分かるように、内田をはじめみんな(ハンサム)。僕なんかは全然…」と照れた。自身の顔を「しょうゆ顔って言ったらあれですけど…」と表現した長谷部。黒 柳が「日本男子らしい顔!」と切り返すと「そういう風に言われるのはすごくうれしい」と笑顔を見せた。視聴者へ向けて、黒柳は長谷部のことを「ハンサムと は言わないで、日本男子顔とお呼び下さい」と呼びかけていた。
 
これ以外にも、やべっちFCでウシーさんが長谷部さんについて語っている部分をVTRを流していました。

私は今でも、長谷部キャプテンがウシーさんを誘ってザックさんをお見送りに行ったのは、とっても大事な出来事だと思っているんですけどね。





他にも、サッカーダイジェストのインタビューで清武選手が、ウシーさんが日本代表にいる時の雰囲気について語っていたようです。




もうすぐアジア最終予選が始まりますが、
代表から一年以上も離れている選手が、日本代表の話題で現代表の選手達から名前があがるってどういう事でしょう?


早くここに戻って来い!

ということなのかな?










日本代表に関しては、ハリルさんがずっとウシーさんの事を目に掛けて注視しています。
海外組の合宿に呼んで参加させたり、この前のメンバー発表の記者会見でも、ウシーさんの話題がありました。
ずっと細かなコンタクトを取りながら、サポートしているのが伝わってきます。(詳しくはここから)
もしかしたらシャルケの監督よりハリルさんの方がウシーさんの事を気にしているのでは?と思ってしまうくらいです(汗)

海外組の合宿に怪我でリハビリ中のウシーさんを参加させた事に関しては、
「代表とは関係のない選手を呼んで特別扱いしすぎでは?」
という意見もあるかもしれません。

しかし、ウシーさんに関しては、手術に至るまでの一連の経緯を見ていると、今までが酷かったからな…と思わずにはいられません。
ウシーさんのようににクラブと代表との両立でボロボロになって、選手生命に関わる怪我を負って苦しむ選手を、これ以上増やしてはいけません。

57451447-a5d4-44e2-9d5b-47e4d3093d95
それに、これだけハリルさんがウシーさんに目を掛けて励ますのは、それだけ難しい怪我をしているからでしょう。
(大前提として、日本代表に必要な選手というのがあると思いますが)
本人も復帰に向けて一生懸命頑張っている最中ですし、ハリルさんも何とか復帰してほしいと尽力しているのでしょう。

ピッチの上に立って、90分間試合に出て
やっと他の選手達と同じ土俵に立つ事が出来るのです。


まだ同じ土俵にいませんから、同じように扱うことも出来ませんよね。


選手として復帰したら、ここから先はハリルさんもシビアになるのではないのでしょうか?
監督と選手としての関係が築かれるのは、ウシーさんが復帰してからなのかな?と思ってます。












人気ブログランキングへ



このブログ内でのオリジナル画像及び文章の無断での転載・盗用は一切禁止です。


続けてお勧めの記事
個人トレーナを付けるように勧めたのは
左手首を見て思うこと







sirokuma1420 at 21:07|Permalink

2016年08月26日

個人トレーナを付けるように勧めたのは


昨日あった日本代表のメンバー発表です。
最後のページですが、ウシーさんについて触れています。

【一部抜粋】

一番向上させるべきなのはフィジカルの準備

 これは筋力の問題だが、ももの前と後ろ、大腿四頭筋とハムストリングのバラン スが大切だ。そのバランスが崩れると、けがのもとになる。ここの部分は、われわれもしっかりトレーニングしていかないといけない。筋力測定をして、どれだ けの出力が出るのかを見ていかないといけない。そしてこれらの数値から、初めて専門的なトレーニングが始まる。


 まだ合宿では試し ていないが、まずはこれを見せないといけない。フィジカル的な準備では、何をしていかないといけないのか、彼らに伝える必要がある。この準備を一番向上さ せていかなければいけない。それから疲労回復だ。今、どのビッグクラブもやっているクライオセラピー(冷却を用いる治療)も導入して、疲労回復をさせてい きたい。メディカルトレーナー、フィジカルトレーナーを含めて、こうしたパフォーマンスを上げていきたい。


 個人カルテの続きだ が、これはメディカルスタッフが中心となって追跡しているのだが、サッカー人生の中で何が起きてきたかだ。たとえばひざを手術した選手がいたとする。重傷 だった場合、100%に戻ることはまずない。つまり彼は、常に治療やリハビリやマッサージを続ける必要がある。それらについても、あなたにはこれが必要だ というのを個人的に出していく。内田(篤人/シャルケ・ドイツ)も長い期間出術しているし、武藤もそうだ。筋力が何%回復しているのかも含めて把握しなけ ればならない。これらのプログラムを遂行しなければ、成功に導くことはできない。


以前からシャルケも代表もハリルさんの様な方針だったなら、ウシーさんは手術まで至る怪我にはなっていなかったのではないでしょうか?

これは筋力の問題だが、ももの前と後ろ、大腿四頭筋とハムストリングのバラン スが大切だ。そのバランスが崩れると、けがのもとになる。

ステさ~~~ん、ザックさ~~~ん、聞こえてますか~~~???


個人カルテの続きだ が、これはメディカルスタッフが中心となって追跡しているのだが、サッカー人生の中で何が起きてきたかだ。たとえばひざを手術した選手がいたとする。重傷 だった場合、100%に戻ることはまずない。つまり彼は、常に治療やリハビリやマッサージを続ける必要がある。それらについても、あなたにはこれが必要だ というのを個人的に出していく。内田(篤人/シャルケ・ドイツ)も長い期間出術しているし、武藤もそうだ。筋力が何%回復しているのかも含めて把握しなけ ればならない。これらのプログラムを遂行しなければ、成功に導くことはできない。

上のたとえもほぼウシーさんの事を言っていますよね。
これを見ると、この前の報知の記事が頭に浮かびます。


【一部抜粋】
 
内田は実戦復帰へ向けて、昨年6月に手術を受けた右膝のリハビリを行っている。今夏、ドイツ7シーズン目で初めて個人トレーナーを帯同させた。「日々生 じる少しの障害、不安でもすぐに排除したい」(関係者)という理由からだ。トレーナーが家族と離ればなれになること、リハビリが軌道に乗ったことで内田は 一度は断ったが、周囲の配慮で決まった。

周囲の配慮で決まった。ってハリルさんの意向もあるでしょ?


常に治療やリハビリやマッサージを続ける必要がある。と言っているくらいだし。



今回のメンバー発表の場で、まだ離脱中のウシーの話題をハリルさんが語るとは正直思ってもいませんでした。

正直、構想外の選手をここまで目を掛けたりしないと思うし(5月には海外組みのキャンプまで呼んでたし)
またピッチに戻ってくると信じているからここまでウシーさんに尽力するのでしょう。


ウシーさんは勿論、自分を信じて一生懸命復帰に向けて頑張っている最中でしょうが、
ハリルさんも諦めてないんだ!!と、改めて思い知らされました。


これって選手としては凄く復帰のモチベーションとなるでしょうし、ハリルさんも分かって敢えて会見の場で言っているのだと思いました。
シャルケの監督もこれくらい言ってくれる様な監督だといいのに…。




応援している方も復帰がちょっと遅れたからといって凹んでいる場合じゃないですね。






人気ブログランキングへ



続けてお勧めの記事

ウシーさんを気分転換に連れ出したのは…

報知の記事って帰国の事より個人トレーナの事がメインになってない?(ロバのお庭)











sirokuma1420 at 06:00|Permalink

2016年05月29日

今回の合宿で思うこと


【一部抜粋】
別メニューでの調整とはいえ、ピッチ上でハードなメニューをこなす選手たちに時折、笑顔で“野次”を飛ばすシーンもあり、「リハビリを暗い顔でやってたら死んじゃうから」と明るく努めた。

「サッカー人生が懸かっているケガ」と話す内田は復帰時期について「もちろん来シーズンの頭を目指しているけど」としながらも、「みなさんも見て分かるよ うに、まだ走れていない。ちゃんと歩けるように、ちゃんと走れるようにならないと。筋力も戻ってこないと、繰り返しのケガになる」と慎重な姿勢を崩さな い。

 1年以上、公式戦から遠ざかっている状況に焦りや不安がないわけではない。「サッカー選手自体、現役でやれる時間が少ない中で、1年、2年を無駄にする のは、普通の社会人で言えば10年ぐらい何もしていないということ。取り返すのは大変だけど、やらないといけない」と、率直な胸の内を語った。

「治るケガだと聞いているし、治らないと終わっちゃうから。しっかり復活したい。W杯の負担もあったし、チャンピオンズリーグもあった。休むつもりはなかったし、ある程度こうなることは覚悟していた。あのとき休んでおけば、という思いはない

 過去を振り返ることも、後悔もない。「今は手術したところが痛いわけじゃない。その周り。復活できると思う」。自分に言い聞かせるように話した28歳の 右サイドバックは「(プレシーズンに)中国でキャンプがあるのかな。正直、そこには間に合わなくてもいいかなと思っている。自分のペースでやりたい。 (EUROの影響でブンデスリーガの)開幕がちょっと遅い。だからチャンスがあるかなと」と、来季開幕を目指して懸命なリハビリを続けていく。

(取材・文 西山紘平)
知りたかった事の答えがここに書いてあります。


ウシーさんの言葉の中に、ウシーさんの人となりが全て出てます。
「リハビリを暗い顔でやってたら死んじゃうから」これって死ぬほど辛いって事ですよね(頑張れ!)
普通だったら周りから気を遣われる状況なのに、自分が辛かろうが逆に周囲の人を笑顔にする力がウシーさんにはあります。


普通の社会人で言えば10年ぐらい何もしていないということ。
時には大胆で意味不明(笑)な発言もありますが、常に自分の位置を客観的に見ることの出来るバランス感覚が好きです。俯瞰で見ているのはピッチだけではないんですね。


今は手術したところが痛いわけじゃない。その周り。復活できると思う
あの例の超痛そうに負荷トレーニングをしている動画も、負荷が掛かっているのは膝ではなく太もも・股関節・腹筋あたりですもんね。
膝蓋腱を庇って他の場所に負担が掛っているのでしょう。
走るフォームもコーチやハリルさんが直していましたが、色々と庇って本来の綺麗な走りが出来ていないのでしょうね。
まあ…一般人の走る・歩くとは別の次元の話だと思いますが…


そして
W杯の負担もあったし、チャンピオンズリーグもあった。休むつもりはなかったし、ある程度こうなることは覚悟していた。あのとき休んでおけば、という思いはない

ウシーさんのこの言葉を聞きたかった!
後悔していて、今も過去への思いに囚われていたら、その時に負った傷が治るとは思えません。
心が体に及ぼす影響を甘く見てはいけません。
そして、今回最も良かったな~と思う事は、W杯を共に闘ったメンバーと一緒に合宿を出来た事です。
あのメンバーで寝食を共にして、色々な思いがあったでしょうが、復帰への活力に繋がったら、と思います。
また篤人とプレーしたいね。
「篤人はそう思ってないかもやけど😆笑」
冗談めかして書いていますが、このたった2行にW杯後の長友さんの苦労と成長が詰まっているように感じます。


ウシーさんの自著『淡々黙』と矢野大輔さんの『通訳日記』を読んで感じた、ザックさんとの距離。
もう少しウシーさんとコミュニケーションをとってくれていたら、あんな事にもならなかったのかもしれないのに…とロバは思いました。
でも今は、まるでザックさんの分まで補うかの様に、ハリルさんがウシーさんとコミュニケーションをとっているので、ウシーさんの心の澱が少しでもとれたらいいなと思ってます。



ウシーさんは今回の合宿で、復帰に必要なとっても大切な何かを手に入れたような気がします。
「だからきっともう大丈夫」と何の根拠もなくロバは思うのでした。





人気ブログランキングへ


このブログ内でのオリジナル画像及び文章の無断での転載・盗用は一切禁止です。


続けておススメの記事
身を削ってまでも求めるもの





sirokuma1420 at 20:52|Permalink

2016年05月25日

ウシーさんを気分転換に連れ出したのは…


先日左手首を見て思うことで、平井堅さんの歌の力でドーピングされて、とてつもなく女々しい文章を書いてしまいましたが……↓↓↓
背負っているものを全部下ろして、どこか静かな場所で気分転換するだけでも、膝が良くなるんじゃないか?という暴論さえ思い浮かんでしまいます。


ウシーさんは自らは動かないし、動けないでしょうから

誰かウシーさんをそんな場所に連れ出してくれる人はいないのでしょうか?


昨日のハリルさんとウシーさん
57451447-a5d4-44e2-9d5b-47e4d3093d95

この写真を見た時に真っ先に思った事は、
「決して静かな場所ではないけど、ウシーさんを気分転換に連れ出してくれた人いたじゃん」

まさかハリルさんが、ロバか密かに熱望していた救世主になろうとは……。(想像していたビジュアルとは違うけど…)
日本で体調不良に苦しむウシーさんを、全く環境の違うドイツに連れ出し復活させたのはマガトさんだし…
今回もそう考えると絵面的にも間違ってないのか…






ありがたいことに、今回の合宿の様子を、見学に行った人たちが次々とUPしてくれています。
ウシーさんを見ていると、少しずつ出来ることが増えていっている様子が伝わってきます。
そんなひたむきな姿を見ることで、ロバも元気を貰っています。






人気ブログランキングへ


このブログ内でのオリジナル画像及び文章の無断での転載・盗用は一切禁止です。


続けておススメの記事
ハリルさんってここら辺はシビアです
SDが代わるとクラブの見解も180度変わりますね




sirokuma1420 at 21:20|Permalink