ドイツのカメラマン

2018年09月19日

夢の様な一日


いや~~~~~~~~~幸せ!





Numberのインタビューで言ってたように2015年以来の調子の良さが見れた試合でした。





実を言うと昨日は一日何の予定も入れずに、午前中からずっとソワソワしてました。
ケンケンの1stレグやルヴァン杯の試合を見直したり、最近出場した試合は好調だったので、昨日も何かきっとやってくれるはずと思っていました。

そして西選手の試合前の例のツイートで今日のスタメンを確信(……)



そんな中、一番楽しみにしていた誰かさんから悲痛の叫びが…
ニコ生で凌いだみたいだけど、会場音のみだったので選手の声がよく聞こえたみたいです。
ウシーさんも試合中に幾つか接触があった時かなり痛そうな声が聞こえた時もあったようで、「怪我まではいかないと思うけど、あれ試合後も痛いと思う」と言っていました。
あからさまにファールされた土居選手や安部選手も心配ですね。





まあそれは置いといて
走るスピードも戻ってきたし、鹿島のGKの時にわーーーーーーっと走り出してカウンターを仕掛けにいく姿を見て(結局みんな上がってから蹴ってたけど)、本来の姿に戻りつつあるなと確信しました。

何度も裏抜けを仕掛けてたし、攻守に渡ってらしいプレーが幾つもありました。


あの場面で三竿選手も裏抜けが見えていたけど躊躇してバックパスになってしまったのでしょう。
インタビューでも本人が言及しています。
ジョーンズ選手みたいに毎回カードもらうような狂犬にはならなくていいけど
三竿選手はまだ若いんで思い切ったプレーをドンドンやってほしいです。








そして問題の、試合後ですよ

ZEROもちゃっかり映してましたが









続きを読む

sirokuma1420 at 15:52|Permalink