スタメン争い

2016年12月28日

膝のメンテナンス


先程の記事はipadで書いたのですが、慣れない動作ばかりで更新するのに倍以上の時間がかかってしまいました。

ああ~
やっぱPCでブログを書いたほうがやりやすい。


そんな私ごとはいいとして

【一部抜粋】

他には鹿嶋市内の病院でMRI(磁気共鳴画像装置)検査や、鹿島の塙敬裕理学療法士に走り方、筋肉量などのチェックを受けた。「今は痛みをなくすこと、膝の位置を治すトレーニングをやった」と話した。

位置がズレたりすると痛みが出るようですね。
その都度、正常な位置に直してあげると痛みは出ないのかな?
でも塙さんがいるので心強いですね!
(ドイツにはリガトアの吉崎さんもいるし)


茨城新聞にも同じような記事がUPされています。




膝の調子を万全に整えて、これから起るスタメン争いを勝ち取る姿が見たいです。
(ロバは今居る選手にウシーさんが劣ると思ったことは一度もありません)

これからどうやってウシーさんが、今まで他の選手に明け渡していた"自分の居場所"を取り戻していくのか、考えるだけでもワクワクします。

可愛らしくて温厚そうな外見を見事に裏切る、ギラギラした部分を見ることが出来ると思うと楽しみで仕方がない!











人気ブログランキングへ


このブログ内でのオリジナル画像及び文章の無断での転載・盗用は一切禁止です。

続けてお勧めの記事

盲目・節穴と言われても、こう見えてしまうんだもの…

武士道とは死ぬことと見つけたり





sirokuma1420 at 10:32|Permalink

2016年11月28日

盲目・節穴と言われても、こう見えてしまうんだもの…



CwV-MaMXgAAVQU6

さてさて、ウシーさんの実戦復帰もそろそろなのではないでしょうか?

ザルツブルク戦の出場が濃厚だと思います。
よっぽど悪い状態でなければ、消化試合なのですから使ってみるでしょう?

いくら一年以上離脱していたからといって、怪我が治っても遊ばせて置くほどシャルケは余裕のあるチームではないでしょ。
手駒はちゃんといつでも使えるように磨いておかないといけません。


一体どの程度まで身体が戻ってきているのか、気になる所ではあります。
最低でも離脱前の動きが出来れば、ウシーさんのライバルといわれている選手達にも充分太刀打ちできるんじゃないかと思っています。



【シェプフ】
現在は3バックで、もしウシーさんがスタメンを争うならば、専らのライバルはシェプフ選手です。
私ぶっちゃけ言いますと、シェプフ選手は汗かきで頑張り屋さんなのは分かりますが、これといって特徴のない選手だな~と。
攻撃も1人で打開できないし、守備を頑張るといっても(カイサラ選手を除いた)DFと比べると一段落ちです。
運動量の多さも不器用さからきているものなのかな…と思ってます。

【カイサラ】
もう一人のカイサラ選手は、攻撃はいいんですけど、たとえWBであったとしても守備が恐しい。ELの予選で何とか通用してもブンデスでは難しいのではないでしょうか?

【コケ】
コケ「一歩ずつ着実に復帰への歩みを進めたい」
↑↑公式のインタビューを読む限りだと、冬のキャンプで全体練習に合流する事が目標の様ですが、何もかもが未知数すぎて、WBのテストマッチに間に合うかどうか…といった所ではないでしょうか?
まだブンデスで一試合もこなしていないし、プロになって初めての長期離脱中です。
試合勘を取り戻して、言葉の壁をクリアしてブンデスにフィットしていくのは容易ではないと思います。
WBのテストマッチを逃せば、後半戦ELもリーグもポカールも差し迫った戦いばかりです。彼にも茨の道が待っているような気がしてなりません。
しかし、来季はウシーvsコケの熾烈なポジション争いが待っているのか!?

【ヘヴェデス】
3バックの右サイドでの起用もウシーさんだったら充分ありではないでしょうか?
その場合はベニーさんがライバルになるわけですが、右の攻撃が停滞しているのはベニーさんの展開力のなさも関係していると思います。そしてウシーさんも以前言っていたけど、WBにかなり守備を要求してるし。(昨日もシェプフさんに戻れ戻れって合図してたし)
ベニーさんとウシーさんが4バックで横に並んでいた時が、一番輝いていたように思います。





3バックの場合はシェプフ選手が一番のライバルかと思われますが、4バックだとコケ選手が戻ってこない限りは、今季中はウシーさんがファーストチョイスになるのではないでしょうか?
3バック時の右CBをこなすのが一番負担が少ないのではないかと密かに思っているのですが、監督はWBで使うんだろうな。(クロス上げる練習してるし)

【妄想】
ELでカイサラ選手がWBでウシーさんが右CBだったら超楽しい展開間違いなしですよ!
一見大穴に見えるハニー・トラップ(?)を右サイドに仕掛けたら爆釣しそう(笑)






まあこうやって机上の空論を並べても、ウシーさんがどういう状態まで戻してくるのか、監督がどう選手を起用していくのか、なんて誰にも分かりませんから、あ~でもない、こ~でもないと言いながらドキドキしながら待つだけです。

でもやっとこういうドキドキした展開まで進んできて嬉しい!
スタメン発表を、心臓が飛び出るくらい緊張しながら待っていた時間が懐かしい(笑)




このブログの文章及びオリジナル画像は一切転載禁止です!



sirokuma1420 at 15:33|Permalink

2015年10月15日

来季も右SBが3人必要でしょうか?



このところカイサラさんとリーターさんの右SBのポジション争いが顕著になってきました。
周りのメディアも煽ってますね。
右SBの争い:ファイターvsマシンkicker-japan
【抜粋】
なおそのリーターとの契約は2016年までだが、しかし出場試合数によって自動的に契約が延長される仕組みになっている。
へ~~そんな契約があったんだ…
ここは何か大きなポイントになりそうですね。




シャルケ公式にも両者のインタビューがUPされています。

カイサラ「クラブへの愛を感じる」
【抜粋】
しかしファンとドイツ語で話し、直接交流できる日も遠くはなさそうだ。同右サイドバックは「語学学校に通ってドイツ語を習っているが、本当に難しい言語だ ね。でも毎日勉強しているから、最近ではかなり理解できるようになった。きっといつか、ドイツ語で話す自信もつくだろう。僕はブルガリア語も比較的早く習 得した。しかし、ピッチ上のコミュニケーションには何の問題もないよ」と打ち明ける。
□■□■□■□■□□■□■□■□■□
「試合でアピールできるように、毎日ハードワークを行っている」

意外な特技があるのですね。
流石です。コミュ力の塊ですね。
それに、カイサラさんはシャルケをとっても気に入っているようですね。
大出世ともいえる移籍ですから、シャルケの一員として定着したいですよね。
いっつもニコニコ笑顔ですけどその裏には、この前半戦に定位置を確保するためにサッカー人生を賭けて、文字通りハードワークを行なっているのでしょう。
試合中に感じる落ち着きのなさや焦りは、きっとそのきっとそのプレッシャーから来るものだと思います。
焦って結果を出さないといけない明確な理由があるのです。




27369_151012_riether_658x370
リーター「自分勝手な振る舞いをする人はいない」
【抜粋】
□■□■□■□■□□■□■□■□■□
では個人的な目標は?
チームの力になること。出場機会はもらえると確信している。監督が信頼してくれていることを知っているからね。ブンデスリーガ、DFBカップ、そしてヨーロッパリーグに参加することで数多くの過密日程が控えている。だから、チームにいる選手全員が必要になる。
直接的な競争相手となるジュニオール・カイサラとの関係は?
チームの力になること。出場機会はもらえると確信している。監督が信頼してくれていることを知っているからね。ブンデスリーガ、DFBカップ、そしてヨーロッパリーグに参加することで数多くの過密日程が控えている。だから、チームにいる選手全員が必要になる。

リーターさんからはベテランの余裕を感じますね。
チーム全体での自分の立ち居地を良く理解しての発言ですよね。
CLに出場しながらも右SBが一人しか居なかった今までが以上だったんです。

ここで、一番最初の記事に戻ります。
なおそのリーターとの契約は2016年までだが、しかし出場試合数によって自動的に契約が延長される仕組みになっている。

これって何試合ぐらいを予定しているのでしょうね?


カイサラさんを獲った当時はまだリーターさんが来ることは決まっていませんでした(水面下でずっと動いていたのでしょうが)
少なくとも前半戦は、カイサラさんをメインでと考えていたはずです。
暫くしてヘルトさんは、ウシーさんの復帰時期は後半戦だろうと見越して、リーターさんを獲得しました。
その時にこの様な出場試合数によって自動的に契約が延長される仕組みオプションを付けたのでしょう。

リーターさんが活躍の割には出場機会が少ないのも、もしかして上のオプションを考慮しての事なのでしょうか?とも思わないでもないです。

当初の構想としては、カイサラさんを主力としてウシーさんと右SBの座を競わせて、ウシーさんが復帰するまでカイサラさんが一人では心もとないのでリーターさんを獲ったのでしょう。
しかし、リーターさんの今後の活躍次第ではその立場が逆転するかもしれません(年齢がちょっとネックなんですけど)

後半戦からウシーさんが復帰して3人でTOしながら起用していくのでしょう(カップ戦もELも勝ち残っていればいいですね)。
しかし、来季は右SBが3人も必要なのでしょうか?


契約がそのままいけば、リーターさんが去っていくのでしょうが、もし自動的に契約が延長されたらどうなるのでしょうか?
ウシーさんかカイサラさんは2人共2018年の6月30日まで契約が残っています。
そんな選手にお金を出すクラブがあるとしたら、きっとその選手にとってはステップアップになる様なクラブではないでしょうか?(ただの金満チームの可能性もありますが)

そう考えた場合、カイサラさんはリーグ内でも目をひくような大活躍をしないとけないでしょうし、ウシーさんはブランクを感じさせないプレーをして完全復帰をアピールしなければいけません。
しかし、シャルケとしても活躍する選手は売りたくないでしょうし…

普通に考えたら、リーターさんを契約延長にならない出場回数内にとどめるのかな?
ウシーさんが復帰したら、リーターさんはなるだけ使わないようにするとか?

それともリーターさんが契約延長しても3人そのままにして、他のポジションの要員としても考えていくとか?

それともウシーさんは手術前と同様に、常に移籍を視野に入れているとか?
(カイサラさんがたった1年で出ていくよりも、こちらの方が可能性があるような…)
もし前半戦に復帰でもしてしまって以前のような活躍でもしてしまったら、冬の移籍期間に他のチームが狙ってくる可能性もあるわけですよね。
例え噂程度だとしても、そんな事になればヘルトさんは折角のホリデーも気が気じゃあないでしょうし、そりゃあウシーさんには慎重に慎重を重ねて、後半戦からチームに合流してもらうくらいがちょうどいいでしょうね(笑)



さてさて…来季はどうなる事やら…




人気ブログランキングへ


このブログ内でのオリジナル画像及び文章の無断での転載・盗用は一切禁止です。


続けておススメの記事
同じインタビューの記事でもなんか違う

ポジション争い
身を削ってまで求めるもの



sirokuma1420 at 19:45|Permalink