考察

2019年03月19日

左サイドのお2人さん


私はサッカー経験者でもないし、何も知らない素人なので、試合を見る時は戦術なんてあんまり考えません。


川崎戦の前も
『川崎は戦術があるから』
『今の鹿島には戦術というものがない』
とか言う意見をネット上でよく見かけましたが、正直「何言ってるんだろうこの人たち」と思っていました。

あんなに『戦術が~戦術が~』と言われていたのにFKでしか得点できなかった川崎と、ロングボール一本から得点した鹿島。
引き分けだったけど、一体どちらのチームにその『戦術』とやらがあったのだろうかと。


試合後のインタビューでも、川崎の裏を突いたロングボールでアシストしたウシーさんが
コンパクトに守ってくるのが現代サッカー。タッチラインからタッチラインまで(の距離を)蹴れれば守備も何もない。言い切っていました。
ウシーさんが"現代サッカー"という言葉を使う時って、皮肉って聞こえるのは何故だろう…


ウシーさんは戦術理解度が高いと言われていますが、今流行の『サッカーを言語化する』とは逆行した擬音語をたくさん使ったインタビューを読むと小気味良ささえ感じてしまいます。
過去には『ピッコロさん』や『ピカチュウ』、『タンポポみたいなサッカー』も登場しましたね。

私はどちらかというと、勝ちたい気持ちと気持ちのぶつかり合いを単純に楽しみたい派なので、『5レーンが~』とか『言語化~』とかいう言葉を聞くと途端に気持ちが萎えてしまう。
だから理論武装した人たちとは敢えて逆をいく、ちょっと捻くれた所のあるウシーさんに強く惹かれます。



内田篤人のサッカーの上手さって何?って聞かれたら、細かい事は分からないので「人の心を読むのが上手いこと」じゃないかって答えます。
敵をイライラさせてカード出させるのも上手いし、不意をつくタイミングで攻め上がり、守備では絶妙なポジショニングで敵のパスコースを防ぐ。
全て『相手がこれをされたら嫌だろうな』という推測から来ている動きなんだろうなと。

そして味方を気持ちよくサッカーさせるのも上手い。
最近は可愛い後輩達の育成に余念がないですね。







前置きが長くなりましたが、この前の札幌戦でウシーさんとは反対サイドの2人の選手が気になったのでこの2人にスポットを当てたいと思います。

99CED1DA-B0C4-4387-99E8-38FEA921CBF8
町田選手よりも大きなサイズのパンツを穿いている様に見えるのは目の錯覚か?










左サイドの安部選手と安西選手。
今シーズンに入って特に明暗が分かれてきているこの2人。

実際に現場で見てプレーにも感じるものがありました。
ウシーさんは兎に角、左サイドを常に見ている。
安西選手のポジショニングを修正して安部選手を出来るだけフリーにし、自分がボールを持ったら対角線にいる安部選手にサイドチェンジをしたい。
そんな場面を何度か見ましたが、安部選手の動き出しが遅く二度ほどボールがラインを割っていました。それにもったいないファールを貰ったりと、気持ちだけが空回りしているようにも見えました。

D8D7669A-DEF1-487B-9A7C-99CCD135B25F

彼は鹿島の10番を背負う重みに耐えかねているのでしょうか?






一方、安西選手は攻守の切り替えにメリハリがつき、動きにも迫力とキレが出てきました。
湘南戦のゴールに札幌戦でのアシストと結果も付いてきたし、初の日本代表にも選出されました。
安西選手はインタビューでも必ずと言っていいほど篤人君という言葉が出てくるほどウシーさんは大きな存在。

A9C7D568-DF72-414E-842D-B2F8742A8D4E
ウシーさんが戻ってくると分かっていながらも鹿島に来た事が
サッカー人生の大きなターニングポイントになったのでは?






しかし、今だけを見ると明暗がはっきりと分かれたように見えますが、これが一年後二年後に一体どうなっているのでしょうか?




これは勝手な見立てですが…
安部選手はちょっと頑固な所がある。でもそれは言い換えると自分の考えをちゃんと持っている。
サッカーでも誰かに言われて動くというよりも、自分で考えて動くタイプだと思います。
今、あまりうまくいってないように見えるのは、その自分の考えと周りの考えを衝突させてないから他の選手達と意識を共通できない、同じビジョンが見れてないのではないでしょうか。
だから自分の殻に閉じこもっているように見えます。
でもこういうタイプって一度自力で殻を破ると、自分の考えをちゃんと持っているのでどんな所に行っても適応できるようになると思うんですけどね。



中学生の頃から本田圭祐選手の薫陶を受けて育っていますし、本人も↓↓↓こう言っているのであまり心配する事はないと思います。


「夢をもって、それを周囲に言って、自分の逃げ道をなくす。素晴らしい考え方だと思いましたし、同時に強い人間じゃなければできないことだと思いました」


今、正にその状態に自らを追い込んでいってるのね(笑)
ウシーさんが言うようにこういう選手って海外向きなんだろうな。
(東京五輪もあるし来年大きく動きそうですね。鹿島の10番を背負って満足しているだけの選手ではないでしょう)







そして安西選手。
今の所、全てが上手く行っているように見えます。
彼が日本代表に選出された途端に、代表戦を見るのが楽しみで仕方なくなった。
ホント何年振りだろうか…

しかし、代表戦は鹿島とは違います。
同じポジションの選手は皆ライバルです。
誰も教えてはくれません。
ウシーさんみたいに的確にリモートコントロールしてくれる優しい先輩はいません。
(安西選手は頭で考えるより身体で覚えるタイプだと思う)

今、内田篤人というSBでは歴代日本で一番の経験値を持った選手がチームメイトで、しかも惜しみなく自分の経験を伝授してくれる内に、ちゃんとそれを咀嚼して自分のものとしておかないと、それ止まりの選手になってしまいます。
ウシーさんのいう事をただ聞くだけでなく、そこにちゃんと自分を乗っけていかないと違うチームでプレーする時に臨機応変に対応できない鹿島専用機になってしまいます。

酒井高徳選手も日本代表に最初出てきた時は左右SBの出来る貴重な選手だと思っていたんですけど、これといった特徴もなく代表にも呼ばれなくなってしまいました。
そうならないように、安西選手には頑張ってほしいです。

日本代表に選ばれた彼が、一体どういう動きをするのか今から楽しみでもあるし、怖くもある。

そして今のところ"内田篤人一色"に染まっている彼が、代表選手達と交わる事でどう変化するのか(安西選手は周りの影響を受けやすそうに見える)。
鹿島に帰って来て良い方向で出るのか悪い方向に出るのか、ちょっと興味深い。








『俺を信じろ。お前を信じる俺を信じろ』
エルゴラの選手名鑑に載ってたんですけど…(コレ本当に本人が言ったのかな?w)

この言葉をもし本人が言っていたのならば、これは誰に向けられた言葉なのでしょうか?
鹿島の選手全体に言った言葉なのかもしれませんが、色々想像すると面白いですね。

私の中では、左の最奥に蹴られたサイドチェンジのロングパスにこの言葉をのっけるのが一番しっくりきます。












人気ブログランキングへ


このブログ内でのオリジナル画像及び文章の無断での転載・盗用は一切禁止です。




 


sirokuma1420 at 23:07|Permalink

2017年06月06日


やっとNumberを入手。
雑誌を買い求めてウシーさんのサッカーの記事を読むのは久々でした。






最後のページの千葉さんの写真を見て、シャルケ一年目の写真かと空目してしましました。
3月のテストマッチの写真のはずなのに(笑)

176cm70kgとその写真の下に書いてありますが「ホントかよ?」と思わせる
サッカー選手らしからぬ儚い後姿。

何の根拠もありませんが
「変わってないから大丈夫」と思いました。
(Numberの記事のタイトルは「変身」なのに(笑))


今回の長い長い新月が終わって、やっとこれから月が満ちていくかのようです。

周期的には鹿島一年目、シャルケ移籍一年目の時の様に
移籍・残留関係なく、これから新しく何かが始まっていくのでしょうか。







そういえばこの表紙って…
何となく月をバックにしているように見える








余談ですが、ブラジルW杯後に一度ウシーさんのサッカー選手としての転機が来ていたと思います。
W杯前の2013年の秋、ファルファン選手が怪我で離脱中にウシーさんはサッカー選手としてのレベルを一つ上げて、あの頃のメンバーの中にいても窮屈そうにサッカーをしている様に見えました。今の監督と比べるととってもまともに見えるケラー監督ですが、もっと戦術的な監督の"手駒"になっているウシーさんも見てみたかった。
結局怪我で移籍どころではありませんでしたが。










人気ブログランキングへ



このブログ内でのオリジナル画像及び文章の無断での転載・盗用は一切禁止です。


続けてお勧めの記事
Numberを読んでいたら随分前の記事ですが思い出したので
(ロバのお庭)
内田篤人と本田圭佑の力学






sirokuma1420 at 01:57|Permalink

2016年12月13日

武士道とは死ぬことと見つけたり


【一部抜粋】
 
より一層貪欲になっていた。しかもその想いを隠そうともしない。
「怪我が怖くてとか、ここで無理をしたら、次、ないなと思って、こそこそサッカー選手をやっていくなら、ここまで頑張って来た意味ないからね。1年9カ月頑張ってきた意味がないから。いや、無理してでもがんがん行くよ、俺は」

ここの件を読んだ時、とてもウシーさんらしくて、心配するとかいうよりも笑ってしまった。



"武士道とは死ぬことと見つけたり"


まるで『葉隠』みたいじゃないか…


"死"ばかりを強調されて、この一文も一人歩きしていますが、
ロバは逆に
"何の為に生きるのか?"
強烈に"生"を意識させる言葉だと捉えています。

したがってウシーさんが言っている事も、自分が"現役のサッカー選手"である事を強烈に意識した
とてもポジティブな言葉に捉える事が出来ました。



サッカー選手としてのウシーさんの生き方を見ていると、戦国時代の禅僧や武士に通じるものを感じます。

TO4HQjM

この見てくれにその魂が入っているから、目が離せないほど魅了されるのだと思います。












人気ブログランキングへ



このブログ内でのオリジナル画像及び文章の無断での転載・盗用は一切禁止です。

続けてお勧めの記事
Numberをやっと入手
澤選手の引退会見を聞いて














sirokuma1420 at 16:37|Permalink

2016年11月21日

そろそろ3バックも限界なのでは?



今回は以前にも予告した3バックの話題です。





毎度の様に名前があがるシェプフ選手。
現在のシステムでは、どうしてもWBの負担が大きいようですね。
ウシーさんも怪我する前にWBをしていた時は結構走っていました。



そもそも3バックが始まったきっかけとは何だったのでしょうか?
ロバはこう認識しています。


右SBの守備の穴が空く
       ↓
ベニーさん右SB
       ↓
SBは負担が大きい上に、貴重なCBをSBに回している余裕などない
ベニーさんだけに負担が掛かり怪我でもしたら大変!
       ↓
3バックにしたらCB3人は出ずっぱりだけど、試合での消耗も減るし、守備が安定して失点しなくなった
       ↓
でもCB3人はいつ休めるの?←いまここ





ヴォルフスブルク戦での走行距離の順位を見ると、CB3人はそこまで走っていません。
(特に真ん中のナウドさんは体力温存してますね)←でもシュート数はチーム1位(!)

その代りに、WBの選手の走行距離が1位と3位という結果になってます。
この2人の献身が勝利に貢献していると言っても過言ではありません。


BlogPaint


最近、左からの攻撃ややけに目立つのですが、どうしてでしょうか?
単純にコラシナツ選手の活躍も目立ちますが、コラシナツ選手にパスを出しているナスタシッチ選手の存在が大きいと思います。あとベンタレブ選手。

シェプフ選手とコラシナツ選手のパスコースを比べたら分かりますが、右はCBからのパスが少ない。そしてFWの選手にまで全然ボールが届いていません。

frsghgtrvn

ベニーさんのパスの精度があまり良くないのと、シェプフ選手のFWとの連携が上手く行っていないのが、左偏重の原因の様な気がします。
右サイドはどのチームも左のサイドアタッカーの守備で大変なのは分かります。
でもせっかく前までボールを運ぶのならロストして守備に戻るよりも、シュートまで持って行きたいですよね。
攻撃は最大の防御だと思うのです。
右側ももう少しパスの精度が上がればシェプフ選手も13.27kmなんて走る必要ないと思うんですよ。
いくら若いからといっても、毎回消耗して怪我でもしたら大変です。


そしてそろそろ、CBの皆さんも順番でお休みしていかないとヤバイんじゃないですか?
今CB3人のうち一人でも欠けたら、ELはいいとしてブンデスは守備が大変な事になりますよ?



今度のELでは思い切ってこれでいったらどうでしょう?
 

テクペティ アヴ 

コノプ アオゴ スタンブリ カイサラ

ババ ケーラー ナウド リーター

フェアマン


【ベンチ】
ギーファー、ノイマン、ビッター
ガイス、サム、リーセ、チュポ


たまにには4バックにして、代表でお疲れだったナスタシッチ選手とベニーさんと両WBをお休みにしてあげて…








CxT6OTeXcAA91lT

12月になったら、そろそろウシーさんの復帰も見えてくるはずです。




気になるウシーさんのポジションですが!
ロバは3つの可能性があると思うんですよね。


・4バック時の右SB(本職)
・3バック時のWB(以前もやっていたしいける!)
・3バック時の右CB(???)


「え~~CB!?」
と思われるかもしれませんが、ベニーさんが3バックの時のサイドの組み立てや守備を見ていると、ウシーさんも充分出来るのではないかと思う事があるんですよね…
もしかしたら、右の攻撃も活性化して攻撃のバランスも良くなるんじゃないかと。
どうしても背の高い選手と空中戦になる場合は、ナウド選手が隣にいるし……(汗)


でも、そろそろFWの選手も怪我から復帰してくるでしょうし4バックに戻してもいいのではないでしょうか?
3バックとの使い分けが出来れば大きなオプションになります。







人気ブログランキングへ



このブログ内でのオリジナル画像及び文章の無断での転載・盗用は一切禁止です。

続けてお勧めの記事
80分までどうなるかと思いました
【練習動画】内田篤人、おっさんになる。



sirokuma1420 at 00:34|Permalink

2016年06月26日

0.02の世界


0.02という数字

なんだか分ります?

11055883_1562403364035156_1816774055_n

ウシーさんの視力です。



もう数年前の事ですが、川島選手の家に泊まりに行ったウシーさんが、メガネを車に忘れていたのにも関わらずコンタクトを外してしまい、何も見えないので吉田選手に400m離れた駐車場まで一緒に来てくださいとお願いする動画がありました。


裸眼で1.5あるロバには無縁の世界ですが、コンタクトを外したら夜とはいえ1人で歩けないほど物が見えないって大変だなと思った記憶があります。
「視力0.02の世界」で検索すると、だいたいこんな感じで見えるんだな…というのが分ります。





日本代表の選手達と一緒にいる時はウシーさんのメガネ姿をよく見ますが(空港とか)
欧州選手達の食事会でもよくメガネを掛けてましたね。



しかし、

シャルケでは見ないな…

ノイアーさんがいた頃はしていた様な…




裸眼の時はメガネをかけないと、まともに外も歩けないほど物が見えない……
何かと守備力の高いウシーさんにとっては、とっても無防備な状態でもあります。

数年前のシャルケの面子を想像するだけで、
1168667_592738494131064_1461372814_nホゲール
メガネを盗られて追いかけっこしている図が容易に想像出来ます。

以前ウシーさん表紙のクライゼルにも書いてありましたが、ロッカールームでもウシーさんのカレンダー等が貼り付けられていたりと、色々悪戯されているみたいですしね。(これに関しては犯人は不明のまま)



そんな選手達の前であんまり無防備な姿でいたくはないから、ずっとコンタクトをはめたままなのかな…とロバは勝手に思ってます。
メガネをかけたウシーさんはルームメイトにならないと見れない貴重な姿なのかもしれません。



もしかしたら、今のシャルケにはウシーさんが視力が悪い事も知らない選手が沢山いるかもしれません。












人気ブログランキングへ



このブログ内でのオリジナル画像及び文章の無断での転載・盗用は一切禁止です。


続けておススメの記事

次の10番とポストシャッツィーを予想する

ウルスラ




sirokuma1420 at 21:34|Permalink