鹿島

2019年10月19日

最後の仕上げはいつもお預け


スタメン




あれ珍しいロストの仕方‥

いつ見ても綺麗でクリーンなスライディング

視野が広いから遠くがよく見えていてパスを出す技術もあるし躊躇せず蹴れるから、良いタイミングで反対側にパスを出せる。遠くにはね‥

右サイドに良いタイミングで全然パスが出てこん‥
(右SBしてる時は右側にラインあるからまずその方向に蹴ることないもんね。その弊害だよね❓まあ分かるよ)

もう冷や冷やする😅

レベルは置いといて質でいうとドラクスラーとウシーみたいな感じだと思ってしまいました。
距離が近いと全然合わない‥普段は仲良いのにね‥

あの遠藤のサイドチェンジのパスが右サイドに出てきたら❗️と思う場面が何度かありました。
(ドラクスラーも左サイドからのサイドチェンジは秀逸だった)
どうして監督は右SHで起用したの❓
このスタメンなら土居選手が右SHで遠藤選手がFWの方が上手くいったんじゃない❓


ボランチが悲しいくらい機能してない‥
ボールを出すのに躊躇してるし。
後半から出てきた永木選手がアンカーの位置に入って役割が落ち着いてたけど
最初からそれやっとけば良かったのに‥

まさかウシーさんがハーフタイムで交代されるとは思わなかったけど
鹿島では良くある光景‥
👆ここがミソ(もう色々笑っちゃうw)

ゲルマガでも練習で小泉選手が良いクロスを上げていたとあったので(チーム全体で良かったとこはそれ位しかなかったらしい😅)監督はずっとどっちを起用するか迷ってたのではないかな?

選手の相性あるんだしユニットとして考えてほしい。

まさかの失態だった。前半9分、松本の右CK。こぼれ球に即応した高橋のミドルシュートに反応できず、永井に右足ヒールで流し込まれた。先制被弾。相手に圧力をかけられず、守備ラインの押し上げも中途半端だった。試合開始からあっけなくミスの山を積み上げ、攻撃はノッキングの連続。首位を走る常勝軍団の姿は消えうせていた。
□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□
この書き方は何かまるで失点は内田のせいみたいな書き方してあって
これは試合を観てない人が読むと誤解を招く書き方じゃね?まあ中スポだから相手サイドだし細かい事はいいのか❓


他の記者さんのツイート
しかし自ら矢面に立ちに行く姿を見て、この人いい経営者になりそう‥と思ってしまった
(監督やコーチやった方が日本サッカー界にとっては良いかもしれんけど)


監督の起用の仕方について
ずっと高い位置にいて人によっては空回っている様に感じたかもしれないけど、途中でミドルも撃ってたのも含めて、前半の早い時間でみんなでエンジンを上げて点んをとりに行きたかったんでしょ。
SBがイレギュラーな動きをしてたから周りが若干混乱していたのも分かる。
しかし1人違う事をしようとしてた選手を交代してセオリー通りのプレーをする布陣に整えて一時的には持ち直したかに見えたけど、結局勝てなかったし。

ロバは前半のプレー見て「今日は内田が得点する日だ❗️」と思ってたから交代されたのはちょっと残念だったし。かえるのならちゃんと勝ち切って欲しかった。

キャプテンだし下手な扱いして長期離脱したらそれが引退に繋がる怪我になってしまう可能性もある。
前にも書いたけど鹿島のキャプテンを辞める時はチームを出て行く時。
監督が引導を渡す事を出来るだけ回避しようとしているのは(これも空回りしてるけど)分かる。
そしてウシーさんも分かってるから「監督に申し訳ない」という言葉が出て来るんだろうなと。


でも最初に戻るけど内田篤人は90分出してこそその良さを出せる選手だと思うので、45分で代えるのなら最初から出すなと言いたくなる。そのまま出してたらちゃんと後半修正されたと思う。
内田篤人ファンとしては、やっと材料を切り終わって下準備も済んで後は鍋に入れるだけだったのに、今から一番楽しい時間が始まる時に交代されると、何かちょっと納得いかない感じはする。

この試合勝ててたら納得したけど勝てなかったし。
この前のルヴァン杯も怪我回避だとは思うけど交代して2失点したし。

こんな試合でも自ら矢面に立ちに行くくらいメンタルは強いし、まだまだ本人も引退する気は無い様だから、監督も思い切ってキャプテンを90分起用してみたら良いと思いました。




それにしても「監督には申し訳ない」とかまで言って監督批判はさせない様に一言挟むとか色々周りが見えすぎじゃないですか?
珍しくキレる土居選手を見て「ああ‥自分が納めなきゃな」と思ってあのインタビューなんだろうな‥と思うけど、結局ファンからすると内田篤人のメンタル凄えとしかならない。


もしこれが全て計算尽くだったら、策士すぎて怖いわ‥(笑)
おっさんに言わせると「完全に分かってやってる」らしいw









人気ブログランキングへ


 このブログ内でのオリジナル画像及び文章の無断での転載・盗用は一切禁止です。
















 


sirokuma1420 at 08:29|Permalink

2019年10月10日

なぜ交代?と思ったけれども…ちょうど一年前



きたきたスタメン!

今回は札幌戦とは打って変わり、試合開始一分ファーストシュートで始まり、色々見所が多かった!

しかし!
後半1-1、33分には大島選手も入ってきて相手も試合を動かしにきたと思ったら

後半35分名古選手とウシーさん交代
一分後に失点!?

試合はまさかの3-1






試合後のインタビューでも途中交代したことに本人もちょっと納得行ってない模様。

□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■
「この前1試合使ってもらって、今日はある程度動けるという感覚もあって90分プレーできると監督にもジェスチャーで伝えていたんだけど。それでも、82分で交代させられるというのは、もう少し練習でやっていかないといけないのかなと思います」
□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■





大岩監督は何を考えているんだろう?
あそこで交代しなければあんな結果にはなっていなかったのに…


と思ったのですが…


ちょうど一年前のルヴァン杯の準決勝第1戦

鹿島 vs 横浜
ruvann

内田篤人80分交代となっています。
この日は、とってもらしいプレーの連続で調子が良かったのですが、肉離れで負傷交代になってしまいました。
去年はここから天皇杯、ACLと大一番が待っていたのですが、離脱してWCWまで出場がありませんでした。終わってみればACLの一冠だったという、残念な結果です。



監督はもしかして同じ轍を踏まないように、
ここで無理をして再離脱しないように、80分(去年と同じ時間)で交代したのかもしれない…

と思ったら何だか昨日の交代も腑に落ちました。


今年のルヴァン杯もまだ第二戦が残っていて、ウシーさんも負傷したわけではないし
勝ちぬけの可能性も充分に残っているのでそんなに悲観する必要はないのではないかと。



中3日、それに週末は台風も迫っている中、どうなるのか未知数の状態ですが、去年の教訓を生かしてなんとか乗り切ってほしいです。










人気ブログランキングへ


このブログ内でのオリジナル画像及び文章の無断での転載・盗用は一切禁止です。











 

sirokuma1420 at 20:23|Permalink

2019年10月01日

現実に逃避したくなる時もある



サッカーから逃避して自分の現実に逃げていた数日間。
(逆現実逃避)

FDF40667-7C78-4CD1-83C4-BC974A077C31




BGMはこの曲で



青い時代は過ぎて

風は酷く嘆いた

チンケな毒を舐めた

赤い鳥が笑う



分かってるよ。分かってる。
誰も言いたくないし。言わない。


でも敢えて言うと
起承転結の『結』に差し掛かった選手。
長期離脱明けで初めてのスタメン。
ファンなら誰でもナーバスになるでしょう?



満男さんが引退してクラブにぽかーんと大きな穴が空いて
そこにフロント側からの要請でチームキャプテンに就任。


大岩さんも元チームメイトの満男さんを
監督とキャプテンとして、お互いに何も滲ませず綺麗に終わらせた。

大岩さんと満男さんの関係を表面上だけしか見ることの出来ない部外者が色々言ってたけど
いざ蓋を開けてみると
練習に参加するのもやっとのボロボロの脚で戦うキャプテンと
元戦友に、出来うる限り華やかで大きな最後の花道を用意した監督だっという。




鹿島の主将に就任するという事は、相撲で言うと横綱になるのと同じ。
歴代主将を見てもキャプテンマークを外す時は鹿島の選手としての役割を終える時です。



そして現主将は大岩さんが『星の下に生まれた子』と言った"あっちゃん"ですよ。
鹿島アントラーズという環境―大岩剛が見てきた若き内田篤人―
(今までにこれ以上に良いインタビューが果たしてあっただろうか?何度でも載せます)

大岩監督は毎回身を切るような思いでいるんだろうな。
外から眺めているだけじゃ分からない事情も沢山あるだろうし・・・



現主将も膝の怪我でずっと苦しんでいます。
札幌戦はお試し采配もあったし復帰戦でもあったし引き分けという結果は残念でしたが、周りを見回しても引分けだらけで、幸い致命傷には至ってません。

しかし「本気で行って来い」という大一番が間違いなく来ます。
他の選手は言葉通りの意味でも
膝に爆弾を抱えている選手にとっては極めて「逝って来い」に近い言葉なのかもしれません。
でも内田篤人しか出来ない事があるから、「行けと言われたら行く」
これが監督と選手との信頼関係でしょう。







まだまだ、成し遂げてない事が沢山ある。
もう一度、今度は主将としてシャーレを掲げて欲しい。
そしてまだまだ沢山試合に出ているところを、出来れば生で観たい。
(来年はもっともっと生で観るんだ!後悔しないようにこの眼に焼き付けるんだ!)




4C5B742D-CFB7-4118-B4D3-2E5C255DC5F8

主将なのにFREAKSでは未だにインタビューどころか記事も無い。
最後はばーんと主将がシャーレを掲げている表紙で綺麗に終わるんでしょ?








□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□
「交代は監督のプランどおりだったのかな。ゲーム内容がもう少しゆったりしていたら90分間いける覚悟はあった」。そう振り返ったように、コンディションは上々の様子。「筋肉系の問題はないし、膝が痛いとかじゃないし、練習をやっていけば勝手に上がっていく」と述べ、今後はさらに向上していく見通しだ。
□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□


記事にもあるように、この前の試合が全てではなく、まだまだ試合は続いていくわけであって
選手達は切り替えて次の試合に焦点をあてながらも残りのシーズンを見据えてペース配分もしていかなければいけないし。

試合後、スパイクを履かずソックスのままでゴール裏に挨拶に行っていた姿は、悔しさを隠しきれていませんでしたが
その後、客席に手を振っていた姿を観て『メンタルつえーな』と思いました。
(でもこれがプロサッカー選手の日常なんだよな…)



この試合で100%出して怪我するよりもこの結果でいい。
久しぶりのスタメンなんてこんなもんさ。。と気持ちを整理します。







そしてお休みの日にこんな所に行ってるし。



「サッカー王国静岡と言われるプレッシャーはあると思うが、良い雰囲気でやっている。自分も負けないよう頑張りたい」と話した。


激励しに行ったんだろうけど若い元気も沢山貰ったんだろうな。



まだまだ大一番はこれからだし、前を向いて行くだけですね。










このブログ内でのオリジナル画像及び文章の無断での転載・盗用は一切禁止です。



人気ブログランキングへ




続きを読む

sirokuma1420 at 16:00|Permalink

2019年09月21日

広州戦に行ってきました


更新が遅くなりましたが(おっさんが画像送ってくるの遅いから)
この前のACL広州戦をカシマスタジアムで観戦してきました。

C67512AB-6E9F-42DF-AF75-F0E48F7E6ACC


カシスタの楽しみといえばこれ。
やはり美味しい。

4AC52969-D5BD-4708-9C8C-DE5994E41A38
結果は1-1の引き分けでしたがアウェイゴールの差で鹿島がACL敗退。

言いたい事は沢山ある。
スタジアムで観戦して感じたことは、ピッチの中で選手達が声を掛け合うのが足りなかったと思う。
頑張ってた選手は沢山いたけど、みんな同じ方向を向いてなかった。
三竿選手と白崎選手の空けた穴は大きかった。(特に三竿選手はチームを引張ってたからな…)


勿論ウシーさんが出場しなかったのは残念だったけど(後半頭から出てたらこんな結果にならなかったと思う)
今回出場がなかったのは色々なものを天秤にかけて監督が判断した事なのでしょう。
大一番はこの試合ではなかったのかなと。


今回もおっさんカメラマンが頑張ってましたが、雨が降ったせいかお楽しみのストレッチがなかった(泣)

おっさんのインスタと重複しているものもありますが気にしない。

FDF40667-7C78-4CD1-83C4-BC974A077C31
売店が閉まってて餌をあげられず…
悲しそうな顔してる鹿さん達


EA142F9A-2D06-4C5D-A468-18BC7A6D2F3F
ホテルもアントラーズ一色。
広州のサポーターも沢山泊まってました。

54583A4D-D3FC-46F8-B9DF-12419BB9BB9A
浮いてる

1E155711-615A-4332-96E7-D19175E8BF37
アップの時は小泉選手と組んでました。


F15E26A7-DC80-419D-9B7C-203A8B231B37
おっさんお気に入りの一枚

F16D8100-B558-4C34-9DA0-5EADCAE9842A
なんか面白い

2FB4FE89-77FB-4BF3-8FED-78715FAEC21D
今回はコーチ陣も前へ出れない

4210D80B-CF9E-47EB-B024-198762437236
これもおっさんお気に入りの一枚

BB504255-DDE8-4323-BB47-35FB0EE7DE7B
レガースをテーピングで固定して試合に出る準備は万全

D11D1276-B9B2-4562-8030-BD2E5060D196
アップしながらも試合が気になる

2ECC22BC-A0B5-4C5D-B9DE-E4524541CD66
土居選手を労わる
(やっぱ生で観ると土居選手の上手さがよく分かるわ)




負け試合だったけどやっぱりスタジアムでの観戦はテレビ観戦では味わえない高揚感があります。
ウシーさんが出場するしないに関らず充分楽しめます。
今回も(試合には出なかったけど)生ウシーさんも観れたし行ってよかったと心から思いました。

きっともうすぐウシーさんが言う大一番がやって来ると思います。
後で後悔しないように観に行ける余裕がある人は行くべきです!










このブログ内でのオリジナル画像及び文章の無断での転載・盗用は一切禁止です。


人気ブログランキングへ











sirokuma1420 at 22:10|Permalink

2019年08月15日

【祝】おかえりなさい



速いんだけどなぜか回りの時間が止まってしまう。
相手DFが反応できないのは入れるタイミングが普通の選手とは違うんだろうな。

嬉しすぎてアホみたいな事つぶやいとるしw


伊東選手も想像以上に良い仕上がりになってたし、鹿島の右SB問題は無事解決。かな?




口から出た言葉が具現化する…


なぜかこれが浮かんだw

ファイル:Kuya Portrait.JPG


有馬選手が交代して入る時にかけた言葉は、まさにキャプテン内田篤人!と言いたくなります。
選手が努力して努力して形作ってきたものをウシーさんが最後にひょいっと言葉にしてあげることで、身体的なものと自分の持つイメージが一体化してゴールに繋がるんだろうな…と。

技術的な助言ではなく、ゴールして喜びを共有しあうべき人の名前を出したりする所が「篤人(人に篤い)」という名前が伊達じゃないなと思わせます。
「言語化する」って戦術のことだけではないんだなー

9268E7A6-4D5C-4D2B-9BD5-67D148AC6A33
ゴールする前からガッツポーズ
有馬君のゴールをこの時点で確信してた?

CEA17AC7-AE45-4C04-A416-04DE31665E7C
ゴールした途端ベンチを指差して
「行け!」
(ゲルマガ読んだ人には分かる)



前半戦の両SBの分析も「なるほど」と。
ウシーさんの喋る言葉は決してボキャブラリーに富んだものではないのですが、スッと腑に落ちる謎の説得力があります。

ゲルマガにあった試合後のインタビューの内容でも分かるように、負傷で4ヶ月半も実戦から離れていたにも関らず、考えていることは自分の復帰戦ではなくチーム全体のことだという事が分かります。
同じ日に一年近くの長期離脱から復帰した伊東選手やSBの小田選手の事も気にかけています。
ウシーさんの膝はかなりデリケートな問題で、本来なら他の選手を心配している状況ではないし、キャプテンという肩書きも重荷にしかならないでしょう。

しかし、それにも関らず離脱している状況でも試合前に声を掛けた選手達は次から次へと活躍するし、ピッチに立てば、他の選手が霞むくらい別格なプレーを見せてくれます。
そしてチーム全体の雰囲気がグッとしまります。


内田篤人は凄い!かっこいい!と思うのも書くのも簡単です。
試合で鹿島のユニフォームを身に着けた内田篤人は一回りも二回りも大きく見えます。
しかし、黄色の練習着を着ている姿は吃驚するくらい細いです。
SBとして背はそこそこあるし肩幅があり僧帽筋が発達しているので貧弱には見えませんが、膝や肘の関節は他の選手と比べると細いし、横から見ると厚みがありません。

他の選手に比べると細い
伊東選手は逆に胸板厚くなってない?


B195sOjCQAAt69G
この頃が一番むちむちしてたような…


手術後は膝の負担を抑えるために体重を落としているのではないかと思います。
しかし、なぜユニフォーム姿はあんなに大きく見えるのでしょうか?


99CED1DA-B0C4-4387-99E8-38FEA921CBF8
他の選手と見比べたら分かるのですが、ワンサイズ大き目のユニフォームを着て一回り身体を大きく見せようとしている様にも見えます。昔からだけどパンツはぶかぶか。



F139AC7C-6FA6-4D1E-9A96-7C73ED68359C
ウォーミングアップ時は黒のサポーター↑↑↑だけでしたが、試合になるとまるでギプスの様にグルグルとテーピングが厚く巻かれていました。
左太腿にもおなじみの水色のサポーターが見え隠れしていました。↓↓↓
まさに満身創痍。
しかし上の記事にもあるように試合に出れば明らかに別格のプレーを見せる。
まさにプロ。




昨日の復帰戦を見ていたらシャルケでの復帰戦だったザルツブルク戦を思い出してしまいました。
↓↓↓その頃のブログですがウシーさんはやっぱりウシーさんだなー

mechanical animals

戦友の復帰

武士道とは死ぬことと見つけたり




近所ではないので中々タイミングを合わせるのは難しいですけど…
観に行ける試合は出来るだけ生観戦してその姿を五感に焼き付けておこうと思います。

無理してでも観に行く価値はあります。







このブログ内でのオリジナル画像及び文章の無断での転載・盗用は一切禁止です。


人気ブログランキングへ









sirokuma1420 at 14:39|Permalink