熊本でサッカー交流ハリルさんってここら辺はシビアです

2016年05月24日

SDが代わるとクラブの見解も180度変わりますね


WAZにウシーさんの記事がUPされていました。
Schalke-Atsuto-Uchida
この写真はウシーさんの記事で何度か見た事がありますが、どうしてドイツで撮影されたものは、こう…質感からして違うのでしょうか?(このカメラマンは岩合さん並みの手練だな)



今朝さっそく、日本語訳もUPされていました。
【一部抜粋】
ハイデル氏はマインツでゼネラルマネジャーを務めていた。内田はマインツFW武藤嘉紀と同じ医師の診断を受けている。クラブはこの医療施設を信頼しているようで、「非常に優れたクリニックだ。評判は最高だよ」と語った。

内田は今年1月、シャルケの練習に参加したが痛みが引かなかったため、執刀医の下でリハビリを続けさせることになっている。

6月の合流に期待するハイデル氏だが、シーズン開幕から起用できるとは考えていない。「1年以上離脱している」ため、本来の状態を取り戻すには少し時間がかかると見ている。それでも内田に期待しているようで、「素晴らしい選手」と称賛した。
武藤選手の怪我以来、ハイデルさんは香取ドクターともコンタクトをとり良好な関係を築いているようです。
ある意味、武藤選手の怪我があったから、ウシーさんの現状への理解も深まったと思っていいのでしょうか。

ヘルトさんは、日本のドクターに対して懐疑的でした。(これも過去の経緯を考えると仕方ないかもしれません)
しかし、ハイデルさんは、ウシーさんの手術という決断を、頭ごなしに否定する人じゃなくて良かったなと、ロバは「ほっ」と胸を撫で下ろしました。

そして、復帰にはまだ時間が掛かるとした上でも、評価してくれているのが嬉しいです。
まあ…7月の中国ツアーやアジア市場開拓などを考慮しても、重要な選手でしょう。中国ツアーにはなんとしても連れて行きたいですよね…。ここでヘルトさんの様にいつまでも手術の事をグダグダ言って選手との溝を深めるのは賢い選択ではないと思います。ここ数年のマインツを見ていても、ハイデルさんはアジア市場意識して選手獲りとかしている人ですしそこら辺も意識して「素晴らしい選手」と発言しているのかな…と、ちょっと穿った見かたもしています。勿論ウシーさんを純粋にサッカー選手として見ても「素晴らしい選手」と評価していると思いますけど。

そしてリーターさんの延長はどうなるのでしょうね。
ハイデルさんの手応えでは、ウシーさんは6月にチーム合流できる見込みだとして(←ここもまだ希望的観測でしょうけど)、後はどのくらいの期間で90分闘える体力と、試合勘を取り戻していけるかですよね。

リーターさんがいると心強いのですが、ウシーさんが戻ってくるとなると右SBは3人も必要なのでしょうか…?
難しい選択ですね。








人気ブログランキングへ


このブログ内でのオリジナル画像及び文章の無断での転載・盗用は一切禁止です。


続けておススメの記事
この言葉が欲しかった!
熊本でサッカー交流


sirokuma1420 at 15:58│内田篤人 | シャルケ
熊本でサッカー交流ハリルさんってここら辺はシビアです