不完全燃焼ウシーさんと日本代表

2016年04月12日

お口直し


一昨日の試合がダービーらしくなくて拍子抜けしてしまったので、昨夜は昨季のダービー(H)戦を見てお口直しをしました。
シャルケTVでフルマッチ動画を見ると、実況のおじさん達の興奮が伝わってきて、一人で盛り上がってしまいました。


こちらブンデス公式のハイライト


 
ウシーさんの(ドイツ語訛り?)英語が可愛いです。






フォーメーションは4-2-3-1

フンテラール

チュポ マイヤー サム(クレメンス)

ボアテング ヘーガー

アオゴ ノイシュ マティプ 内田


【試合を見た感想】
特筆すべきは。CBが昨日の試合と同じだという事です。
しかし、今のシャルケの様にそんなに危なっかしく感じませんでした。
ケラーさんの時も守備はグダグダだった記憶がありますが、今よりも全然マシに見えました。
(言い換えれば、今の方がとってもヤバイという事。)


ウシーさんはこの試合でゴールやアシストは無いですが、今のSBの選手が出来てないことをサラッとしています。

自陣の蹴られたボールを追いかけていく時でも、ちょっとした事が今と違います。
BlogPaint


BlogPaint

ウシーさんの場合は、ボールに追いついてもバックパスはせずに、方向転換をして前を向き、FWかSHがいる方へボールを出すんです。(上手い選手はこれが出来ますよね。)
ウシーさんがこういうボールを出すのを前線の選手も分かっているので、事前に準備が出来ていてマイボールになる確率が高いのです。

今のシャルケは敵がプレッシャーをかけてくるとバックパスになる事が多いのですが、そこを敵に狙われます。
最近ラルフさんはロングフィードよりも、ショートパスをCBかボランチに出すことが多いのですが、危なっかしくって見ていられない時があります。
ロングフィードを蹴る時も、相手FWに狙われています。そうなるとラルフさんも焦ってしまって、味方が前線に戻る前にボールを蹴りだしてしまい、中々マイボールにする事が難しくなってしまいます。

ウシーさんはそんな時に、ハンターさんや前線の選手の動き出しを見ながら、ラルフさんにボールを蹴るタイミングの合図を出している事があります。
ちょっとした事ですが、たったそれだけの事でチームに連動した動きが出てきます。



スライディング
昨季のダービー(H)ではオーバメヤン選手をスライディングタックルで止めるシーンが一番の見所ですが(色々な意味で)、その後、相手ボールになった所をもう一度カットしに行く所が、ウシーさんの負けず嫌いな一面が出ていて好きな場面です。



そして何気にクレメンス選手の貢献度が高い試合です。右SHでプレーしているせいなのか、ウシーさんとお揃いで腰パンコンビになってます(笑)

ウシーさんは復帰して3試合目でしたし、前のマリボル戦ではお休みだったはずなのに、予定外に45分間プレーした後の試合でした。
そんなウシーさんの事を考慮してか、クレメンス選手の献身的な守備が光っていました。足は速いし頼もしい。





最後の方は足を攣って……多少無理してでもダービーを最後まで戦い抜きたい強い気持ちが伝わってきますね。
aflo-oqma014218

news_148216_2
淡々と立ち上がるのを手助けするロマンさん。


aflo-oqma014226
上の動画にもありましたが、アオゴさんも喜びのあまり抱っこ。



そして、シャルケTVをご契約の皆さん、この試合の後半50:47秒頃に注目です!
試合後でコーチや選手達が入り乱れていて、上半身しか見えずとっても分り辛いのですが、ウシーさんがコーチらしき人に3回くらい高い高いされています。


多分、ブレーメン戦の時にも抱っこしていた↓↓↓GKコーチではないかと思われます。
267x400x0088b958ada586563c8ac4c2
コーチの背が高いから、もう親子か、おじいちゃんと孫にしか見えない(笑)

その他にもフクスさんとの熱いハグ、シャルカーから誕生日を祝って貰うラルフさんなど、試合後も見所が沢山あった一戦でした。









人気ブログランキングへ




このブログ内でのオリジナル画像及び文章の無断での転載・盗用は一切禁止です。


続けておススメの記事
不完全燃焼





sirokuma1420 at 06:00│内田篤人 | シャルケ
不完全燃焼ウシーさんと日本代表