まずはシャルケで英語版では全部UPしていますね

2015年10月07日

カイサラさんが思ったよりフィット出来てないのは何でだろう…


カイサラさんがいまいち試合でで浮いているのはどうしてだろう?と今日は考えてみました。

CPngSkHUcAA_IYY


カイサラさんってシャルケの試合と、移籍してくる前に抱いていたイメージと随分違うんですよね…
もう少し出来ると思うし、少しずつは良くなって来ていると思うのですが、自分の個人の活躍とチームの貢献とが天秤に掛けられた時に、自分個人の活躍を選択しているように見えます。
それで得点に繋がるのならば、結果的にチームに貢献している事になるのですが、惜しい部分はあっても結果は出ていません。
どんなにチームに貢献したいと思っていても、咄嗟の判断の時についつい自我が出てしまうのではないでしょうか。
カイサラさんが自己のプレーに走ってしまうと、どうしても右SHの選手が割りを食ってしまいます。
SHにボールを渡しても自分もボールをもらいにSHが使うスペースを潰しているのが、見ていてとっても気になるし、SHの選手もとってもやり辛そうです。

前のルドゴレツの時と何が違うのか、ロバのイメージしていたカイサラさんと何故違うのかと考えていくと…


あっファルファンさん…


あの頃は、まだファルファンさんが移籍するなんて露ほども思っていませんでした。
だからロバは、ファルファンさんがカイサラさん上手く使ってプレーしている姿を想像していたのです。

以前、ルドゴレツの試合を見た時も、右SHの選手が上手い具合にカイサラさんを使っていました。 

ああ見えて、かなり神経質なファルファンさん。
そんなファルファンさんがカイサラさんを使ったかどうか分かりませんが、カイサラさんを使ったらそれなりに上手くいっていたと思うのです。
ファルファンさんは上手くウシーさんを使っていましたからね。ウシーさんもファルファンさんを上手く使ってたし。
そのイメージがあって、ファルファンさんが上手くカイサラさんを使ってくれるだろうって思っていたら、ファルファンさんの移籍が決まってしまったんですね。


カイサラさんはどちらかというと、使うより使われる側です。
しかし、シャルケの右SHの選手達はSBを使って攻め上がるというよりも、自分で打開していくタイプが多いです。
だから余計に攻めあがっていくスペースをSBが中に入って埋めてしまうと攻撃が行き詰ってしまう場合が多いのではないのでしょうか。
最初に話が戻りますが、カイサラさんがSHの選手に任せて自分は後ろに下がれば、もう少し右からの攻撃がスムーズに行くと思うのです。速やかに守備にも戻れますし。
カイサラさんのアシストやゴールに直接繋がらないかもしれませんが、それがチームにフィットする近道だと思うのですが、本人や監督、チームメイトたちは何と思っているのでしょうね。

それに前のチームでは左SBの時の方がシュートまでいけて活き活きとして見えました。右利きの選手はそうですよね。
しかしシャルケでは左利きのSBが二人もいるし、カイサラさんの主戦場は当面右SBでしょうね。



今、思うのですが…カイサラさんはファルファンさんが移籍する事を知っていたのでしょうか?
もし知らなかったら…
ウシーさんが当時ファルファンさんと一緒にプレーする事を望んで移籍を決めた様に、カイサラさんもファルファンさんと一緒にプレーするつもりで移籍してきていたら…どうでしょう?

もし…そうだったら、カイサラさんが思っていたシャルケのイメージとは違うのかもしれません。








人気ブログランキングへ


このブログ内でのオリジナル画像及び文章の無断での転載・盗用は一切禁止です。

続けておススメの記事
試合前にカイサラさんを改めて見てみました




sirokuma1420 at 22:28│シャルケ | 選手
まずはシャルケで英語版では全部UPしていますね